読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

芦奈野ひとし先生『コトノバドライブ』2巻 講談社 感想。

comics

スパゲティーのお店で働くすーちゃんの日々、引き続き。
ところどころ、
日常の隙間に異世界? ちょっと違った視点からみる世界?
を観てしまうのは変わらず。
描きかたによっては幽霊、妖怪、になってしまいそうなところも、
こわい、というよりは自然を受け入れるような、
そんな、スッと入ってくる感じが心地よく。


2巻では、店長さんの他に準レギュラー的になりそな
店長さんの姪っ子、春日(はるか)さんが登場。
これまた、不思議な……
こういうのも素直に受け入れてしまえる、
すーちゃんのような気持ちの余裕、欲しいなぁ(>_<)。
また、このはるかさんも良いキャラクターで。
どちらのはるかさんも、
すーちゃんと気が合っていそうでなによりで。


しかし、こう、すーちゃんの背景がいまひとつハッキリしないんですよねー。
何故スパゲティーのお店で働いているのか?
家族構成は? とか……今後、明かされるのかしらん。
一応、実家、親、という言葉は観られますけれど。
何だろう……とてもひとりの生活を満喫しつつ、
人付き合いもしっかりしている風で。
とても素敵だなぁ、と。
読み進めるうち、すーちゃんの生き方に憧れてしまったりするのでした。


むむむ。
さらに3巻の発売が楽しみになって参りました。
コトノバドライブ(3): アフタヌーン

コトノバドライブ(3): アフタヌーン

Kindle版、同時発売だと嬉しいのですが……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。