読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『青い花』8巻 太田出版 感想。

青い花(8)(完) (Fx COMICS)

青い花(8)(完) (Fx COMICS)

青い花(8)

青い花(8)

恋は、ちょっと辛いけれど、やっぱり素敵なのだなぁ。
そして、やっぱり恋してみたいですね、
と、年甲斐もなく思った8巻。


我慢できなくて。我慢する必要もなくて(笑)。
するする読んでしまいました。


7巻で動き出した方々も無事に着地していて安心。
井汲さんは、本当に良かったなぁ、と。
モギーとあーちゃん兄も、もう秒読み段階なのかな。
羨ましい限りでございまして。
杉本先輩のその後もわるくない感じのようで。


あーちゃんと万城目さんは……
なんだろう……あーちゃんがとても真摯、なのですよね。
万城目さんに対して。
もちろん、自分のことも考えて、
それと同じか、それ以上も万城目さんのことを考えて。
だからこその"呪いの言葉"。


"呪いの言葉"って、とても良い言い回しだなぁ、と。
そういうの、あるよなぁ、なんて。
縛りつける、ずっと付きまとう言葉。


ちゃんと悩んで、
納得するかたちで答えを導き出したあーちゃん。
しっかりと待った万城目さん。
落ち着くべきところにおさまり、とても良かったな、と。


悩んだ末に辿り着く場所、に好きな人がいてくれる、
って素敵だなぁ。


大満足、な完結。
志村貴子先生『青い花』8巻でございました。


あ、最後のおまけ? がポンちゃんのお話で、
これまた満足度急上昇でした。
青い花』で一番好きなキャラ挙げるとしたら、
ポンちゃんかもしれん(笑)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。