読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2016年7月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。

ドラゴンエイジ 28年7月号

ドラゴンエイジ 28年7月号

やっぱり、『妹ちょ』が終わると寂しいなぁ……
と思いつつ。
Kindle版、今回は紙版と同時発売で
待たずに読めてよろしゅうございました。


『神殺姫ヂルチ』は単行本発売もありまして巻中カラー。
あらたに読み始めた『哲学さんと詭弁くん』も面白く。
……あとは、もちっと読みたいな、
と思わせてくれる作品が増えてくれれば、なのですが。
むむむー。


そいえば今回、電子書籍版にも
トリニティセブン』の付録ファンブックはついて参りまして。
目次にも表示はありませんが、さいごの方に。
作品自体のチェックはできていないのですけれども、
カラーイラストは見応えありますので嬉しかったです。
いつも電子書籍にも展開できる付録、
という訳にもいかないでしょうけれど、
たまにこういうのがあると良いですねー。


では、チェックした作品の感想をば。

武田弘光先生『マケン姫っ!-MAKEN-KI!-』㭭拾漆話

「かさなり合う力」
秋先生がヤマトタケルに奪われてしまいピンチな一行……
いや、まぁ、そうでなくてもピンチなのですけれども。
ヤン・ミンの奥の手? があったり、
久々の姫神先輩の登場もありまして、天日側にもそれなりに光明が?
よーやくタケルくんも主戦場に到着で。
一層、派手なバトルが期待できそうな。
……いや、まずは秋先生を助けなきゃ、なんですけどね(^^;)。


佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:7 Fatal disease XI WAVE


混乱にも少しずつ手を打ち始めて。
嵐たちの戦いの場はいよいよ街中に。
学校のほうはシェルターのおかげで一応は一段落?
なのかしら。
まだまだ、一筋縄にはいかなそうな雰囲気、
こちらにも漂っていますが。


望月先生の動きは一体何なのかしら……
これだけの事態になっている訳ですし……んー。
古くからの知り合いのようではありますけれども。


どんどん大きな動きになりそな予感。
これまではわりと裏方で動いてきた、
そんな嵐たちではありますが、
ちょいと今回はそうもいかなそうで。
次の一手が気になりますね。

的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』第22柱

単行本3巻もリリースされまして、
ますます熱い『神殺姫ヂルチ』。


施設潜入もいよいよ終盤戦?
春臣くんたちは危機を脱したように見えますが、
問題はより深部に向かった春臣くん父……
ピンチ、というかこれは……
行動を共にしていた室姫さんが次、
どういう手を打つのかが気になるところで。
ただでは済まなそう、ではありますが……。


しかしこれ、春臣くんの力、
というか"ソロモン王の指輪"の力の及ぶところって、
どれくらいなんですかね……
春臣くんの意志、はもちろん感じるのですが、
所々にみえる立ち居振る舞いは、
"ソロモン王の指輪"のなせるところにみえまして。
今はともかく、後々、このあたりが面倒になるのかなぁ、
なんて思ったりしつつ。

里好先生『哲学さんと詭弁くん』問10

「エロいことしてましたか?」


あちゃー……前回、先生に色々とみられてどうなることかしら、
と思いましたけれども、見事に引っ張った展開で。
純な新任熱血女教師にキツイ刷り込みを……詭弁くん……。


そして、うーん。
今回は結果的に哲学さんとの連携で乗り切った感じになるのかしら。
先生は墓穴を掘ってしまった感じで。
……この先生、どんどん面白くなりそうな予感が。


今回は扉絵がアツいですね。
色々と目はいくのですが、
太ももがいいですよねー。
素晴らしい。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。