読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

鳴見なる先生『渡くんの××が崩壊寸前』2巻 講談社 感想。

comics

渡くんの××が崩壊寸前(2) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(2) (ヤンマガKCスペシャル)

表紙のもつ力が凄い……
正統派ヒロイン・石原さんでございますが、
なんというか、目がイッてしまっている……そんな。
ただ事ではない雰囲気がなんとも、でございます。
あと、前の巻の表紙と比べると、
「なるほど、これがFカップの力っ!」
と、実感できるかと思います。
渡くんの××が崩壊寸前(1) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(1) (ヤンマガKCスペシャル)

んでもって、肝心の2巻。
風邪に倒れた直人くんのもと、
お見舞いにやってくるは畑荒らしの紗月さん。
色々あったとはいえ、
女子のお見舞いは男の夢ぢゃん……と思って読み進めると……、
まぁ、そりゃそんなに上手くいくわけないよね(笑)、
なコトに(^^;)。
紗月さんと石原さんの駆け引き? も面白くなってきました。


ふたりに掻き乱される直人くんもなかなかの見もので。
布団の中で悶々しているところを
最愛の妹・鈴ちゃんに目撃される場面は
味わい深いものがございました。


また、今回は若干えちぃ場面が多めだったような。
もちろん直接的? なのはないにせよ。
ある意味お約束シチュエーション的な布団のアレとか、
水を被ってしまって、とか、シャワーシーンとか……
石原さんの身体が如何に素晴らしいか、であったり、
紗月さんの魅力もばっちりでありまして。
メインではないですけれども、今後にも期待してしまいます(笑)。


お話的には石原さんの背負っているモノが気になり出す感じで。
少々ぶっ飛んでいる紗月さんに対し、
石原さんは正統派美少女! かと思っていたものの。
そうそう、一筋縄にはいかないことが
この2巻で明らかになっておりまして……とはいえ、
モヤッとしたカタチで、ですけれども。
このあたりが次巻で語られるのかしらん。


紗月さんの方も、鈴ちゃんに目撃された
畑荒らし後の姿が謎になっておりまして。
ただ単純に畑を荒らした……というのとは
別の思惑も働いての行動だったようで、こちらも注目で。


……と、ますますスリリングなラブコメとなってきた
『渡くんの××が崩壊寸前』なのでした。
『小泉さん』の流れでの作家買いだった訳ですけれども、
これはなかなか先も楽しませてくれそうな。
そんな手応えを改めて感じた2巻、満喫いたしました。
予告では第3巻は2017年初春発売予定とのこと。
うへー! 結構先だなぁ(^^;)。
じっくり、楽しみに待つしかないですね!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。