読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『戦国妖狐』1巻 マッグガーデン 感想。

戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)

戦国妖狐(1) (BLADE COMICS)

セールに乗じて先日まとめ買いした『戦国妖狐』。
早速読み始めました。

1巻ということで、
主要登場人物と一先ずの目的、
周辺の状況・世界観がまとまっており。
わかりやすく、先々が楽しみになる一冊でした。


"世直し姉弟"を自称する妖狐・たま、仙道・迅火。
主に、たま主導で悪を絶つ活動を進めており。
悪事をはたらく者たちはもちろんのこと、
人に悪さをする"闇(かたわら)"と呼ばれる人外の存在もその対象。
しかしながら、そのような成敗を続けるうち、
断怪衆と呼ばれる集団が
人間を闇(かたわら)に変える実験を行っていることを知り……。


と、世直し活動をキッカケに組織の陰謀に触れてしまい、
巻き込まれていく……というより、
能動的に首を突っ込んでいく、と(^^;)。


妖狐・たま、仙道・迅火といった能力を持った人物のほか、
読者寄りの一般人・兵頭真介も登場しまして、
そのあたりも読みやすさに繋がっているのかも?
読んでいて「?」となるところは大抵、真介も同じ状態になるので。


まずは断怪衆と対峙し、
たまたちがどうなるか……ですね。
組織も大きそうですし。
迅火もわりと自由に動き出しそうな危うさもあり。
もちろん、ラストに登場した男がどのような立ち回りを見せるのか、
というところも楽しみで。


これはまとめ買いして大正解だったな、
と、思った第1巻なのでありました。
順次、読み進めて参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。