読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

kashmir先生『ゆせそま。』1巻 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 感想。

kashmir先生といえば、白泉社の『楽園』のこちらの作品の印象が強く。それ故、"魔法少女"、だったり、
表紙の絵の雰囲気に期待と不安が入り交じりつつ、
Kindle版をポチりました。


魔法少女モノパロディになるのでしょうか?
『らんどせる☆スターズ』の一員として活躍するあずさちゃん。
番組の終了に伴い、日常へ戻り、
進学して普通の中学生へ……なる筈が、
学校への道すがら、グルミーランドのうさPが現れ、
『らんどせる☆スターズ』二期の制作を告げるのでした。
ということで、またもや魔法少女生活に踏み込みそうなあずさちゃん。
一体、どうなるのでしょう?


コスチュームの話やら、
愛するお兄ちゃん? が魔法少年になってみたり、
魔法少女マニアな生徒会長さんが絡んできたり、
お友だちまで巻き込んでしまったり……と、
ドタバタな1巻となっております。


kashmir先生の描く柔らかい女の子も満喫できますし、
ちょっとえちぃ場面もあり、
そういう方面での満足度も高く。
"産毛すごい 産毛すごい"には笑わせられました(笑)。


身も蓋もない魔法少女ネタも笑いどころ。
ほどほどの深度ですので、
わりと広い範囲の方が楽しめるレベルのように思います。


『楽園』連載のkashmir先生作品しか知らなかったので、
新鮮な気持ちで楽しめました。
ちょっと変わった世界観、というのは一緒かもですが。
アニパロっぽいのも悪くない感じです。


1巻はかなり先が気になる形で終わっておりまして、
続巻発売が早速待ち遠しく……
生徒会長はどうなるの?
あずさちゃんのお友だち、つばさちゃんは?
(あずさちゃん、つばさちゃんの胸への嫉妬が
 すごそうなので先々揉めそうなんですよねー)
などなど、気になるところが多々でして。
これまた、楽しいシリーズが始まりました。
作品に出会えたのもラッキーで。
こちらのお話もきっちり追ってみたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。