読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

阿部潤先生『忘却のサチコ』6巻 小学館 感想。

忘却のサチコ 6 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 6 (ビッグコミックス)

今回も大体1ヶ月遅れ? でリリースのKindle版購入です。
通勤中に楽しみましたけれど、
やっぱり、空腹時に読むものではないですね(笑)。
どれもこれも美味しそうで……
お話的にも面白かったです。


ということで、各お話の感想を軽く。

■一触即発!? 信州伊那の陣・前編 / 後編

講演会に招かれたサチコさんの前にライバル登場!
ちょっと陰のある……尾野真由美さん……
スタイルも良さ気でこれはなかなか! と思いましたら、
これまたアレな性格で(^^;)。
おまけにサチコさんと過去の因縁もあり。
もちろん、当のサチコさんは忘れておりまして。
……なんというか、サチコさんのマイペースに
尾野さんがやられてしまう? 感じなのかなぁ。
講演会の罠も、なんだかんだ、退けてしまうサチコさん。
この尾野さんはまた、どこかで登場しそうな?
今後の活躍にも期待なのです。

■再び巡礼! 讃岐うどんその一 / 二 / 三

讃岐へ再び! のサチコさん。
従姉妹のあゆみさんへ出産祝いを……ということで
お出かけなのですが、サチコさん、
後遺症? で"赤ちゃん"を発声できない、
まさかの症状に悩まされ……。


なんとか、過去を振り切るべく、
美味しいうどんを食べまくるサチコさん。
どれもこれも美味しそうで……
口の中にうどんの食感が広がり……たまらないお話でございました。

■ディープすぎるあげパン&蛤の甘辛炒め

久々? 登場のジーニアス黒田先生。
問題になった埼玉出身男性の描写は……、ひどい(笑)。
確かに騒動になりそうな。
サチコさんの機転でなんとか解決し、
小林くんに連れられて出かけた朝食。
これがまた、んー♪ 美味しそう!!
徹夜明けに食べると、これまた身に染みそうな。
タイトル通り、ディープな世界観なお店も良さ気で。
ちょいとお出かけしてみたくなりますね。

■壮絶! 嵐の果ての鮭茶漬け

サチコさんと合コン、
って何か合わない感じがするのですけれども。
後輩の誘いもあり、レクチャーを受けた後に参加するも、
そこはサチコさんでした、という、ね。
らしさ炸裂で、サチコさんを満喫でございました。
お酒のあとのお茶漬けもたまらなそうで♪
ちょっとアレだった合コンも、これならリセットできそう?

■自炊にトライ! 湯治旅・前編 / 中編

6巻を締めるは湯治、しかも自炊!
雰囲気抜群の宿。
湯治のベテランに色々教わりながらのサチコさんも、
大変そうでありながらも楽しそうで……
一度はやってみたい湯治の雰囲気がギュッと詰まったお話。


ですが、やはり注目はラストですよね。
これ、どうなるのかしら。
7巻はこの後編から、ですから、
その先々が気になってしまって。
むむむ、な展開……見事、7巻が楽しみになるお話でございました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。