読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『戦国妖狐』3巻 マッグガーデン 感想。

comics

戦国妖狐(3) (BLADE COMICS)

戦国妖狐(3) (BLADE COMICS)

読み進めております『戦国妖狐』。
面白いのですけれど、
欲求に応じて読んでいると連日『戦国妖狐』になりそうなので
気をつけつつ……これまた、贅沢な悩みでございますが(^^;)。


2巻で登場した雷堂斬蔵はまさか? のさっくり退場。
もうちょっと、たまだったり、真介とエピソードを重ねるのかな、
と思ったのですけれども……
でも、目的からして後々、再登場しそうな雰囲気ではありますが。


四獣将がさっくり出揃った風なのは意外な感じで……
重要そうでしょうし、もう少し引っ張るのかな?
と思ったのですが……。


んで、今回から出番の道錬はかなり良いキャラですねー!!
熱血系、というか。
迅火とは全く合いそうにないなー、などと観ていたら、
わりと意気投合? している風で(;^_^A。
拳で語り合った方がわかりあえるふたり、なのかしら。


お話としてはかなりキツい展開で……
特に終盤は……移動中に読んだのが悔やまれる、
と申しますか。
最初は自宅で、存分に泣ける状態で読むべきだったな、と。
再読しても楽しめるのですけれど、
やっぱり最初が大事だよなぁ、なんて。
勿体なかったです(><)。


終盤、お話も大きく動き。
迅火、真介も何かのキッカケになるのかしら、
という3巻。
まだまだお話の始まり……な感じはありますけれど、
これからにもの凄く期待できそうな。
わくわくしつつも、
ほどよいペースを保ちつつ、大切に楽しんでいきたいと思う次第です。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。