読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

松沢まり先生『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』11巻 KADOKAWA/富士見書房 感想。

ついに完結!
連載開始時からチェックしていましたけれど、
何だかあっという間だったような……。


お話が始まったときには
どうしても夕哉目線で、
ちょっとえちぃシチュエーションにドキドキ……な
楽しみ方だったのですけれども、
お話も中頃を過ぎたあたりからかしら。
美月と日和の関係に注目しながら読むようになって。
そして最終巻。
表紙の美月の表情が全て! な感じの。
最後までハラハラさせられましたし、
日和の迷いも、何かわかる気がして……
門を通る意味合いが日和の中で変わってしまったのよね。


ほんと、ラストの場面は心温まる、というか。
よかったな、と。
あと、雪姉、よかったなと(笑)。
夕哉を巡る闘いにも決着ついてしまうかな、と思ったら、
こちらはまだまだ続きそうな?
ニブちんだった夕哉も、少しは気が回るようになったような……ね。
いつの間にやら雪姉推しになっていたのよね(^^;)。
やっぱり私、年上のお姉さんが好きなのでございます。


連載中心に読んでおりましたが、最終巻。
よろしゅうございました。
やっぱり、まとめて読むのは良いですね。


ということで。
松沢まり先生、連載おつかれさまでした。
完結して早々アレですが、次回作にも期待しております。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。