読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

ナガテユカ先生『ギフト±』5巻 日本文芸社 感想。

ギフト± ( 5) (ニチブンコミックス)

ギフト± ( 5) (ニチブンコミックス)

ギフト± 5

ギフト± 5

少しずつ不明点が明らかになり始めまして、
ますます引き込まれる5巻。


環と"たくま先生"の過去もここで判明。
"心臓"の出どころなど、謎は残るものの、
かなり前進した感じでしょうか。
タカシの出生、背景も見えてきて……
んー、環との関係は複雑そうな。
母親の存在も絡んできそうで、
このあたりは最後までもつれるのでしょうか。
リュウと加藤の暗躍も気になるところ。
一応はタカシの指示を受けている加藤ですけれども、
リュウとの関係からして、
何か面倒なコトのキッカケになりそな感じなんですよね。
彼らの今後の行動も注視したくなる展開。


……と、諸々見えてきそうではあるのですが、
環はまた、新たな鯨に向かう、という。
一応、主人公ちっくなのは環ですけれども、
読者的には桜田警部補視点で全体を掴む、
というようなお話、ですね。
タカシとしては"たくま先生"を良く思っていないようですし、
環の気持ちは自覚なく先生に向かって……
微妙に母親ちっくなところを求めている、とか、
そういうことなのかしら。


色々と明らかになりつつ、
まだまだ悶々を多々残して新たな面倒そうな鯨へ向かう環。
しかも、他のお話の軸とも重なってきそうで、
これまた面白そうな予感が。


モヤモヤが続きそうではあるのですけれども、
これはなかなかに面白い作品よね!
と、確信に至った5巻でありました。
ちょいエロ耐性、ちょいグロ耐性必須ですが(^^;)。
次巻が早速待ち遠しいモードでございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。