読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

いけだたかし先生『34歳無職さん』8巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

comics

最終、締めの8巻。
いけだたかし先生『34歳無職さん』でございます。
Kindle版も同時発売ですのでそちらで。


約束? 決意? の無職生活1年ももうすぐ終わり。
そんな中での無職さんの日々。


友人との交流で自らを省み。
社会復帰を試み。
娘さんとは……どうなんでしょうね。
どのような関係になったのか、明示はされず。
作品に描かれているところから想像するしかないのですけれども。
読み終えて抱いた思い、気持ちは「さびしさ」、でした。
ふらり、と、目の前から居なくなってしまう、そんな。


お話の締めとして、ひとつの終わり方として、
こういうのもアリだとは思うものの。
やっぱり、ちょっと、わかりやすい、
幸せな娘さんをみたかったかな、とも。


無職さんの日々を楽しむ、というのが最初でしたけれども、
だんだん娘さんとの関係も重みを増してきてましたから……。


ともかく。
余韻のある締め、ではありました。
無職さんや娘さんの"今後"も、たまに読んでみたいなぁ……。


人にもよるでしようし、
読むタイミングによっても感じ方の変わる、
そんな8巻なのかも、とも思います。


いけだたかし先生、連載おつかれさまでした。
次回作も楽しみにお待ちしております。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。