読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

古味直志先生『ニセコイ』24巻 集英社 感想。

ニセコイ 24 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 24 (ジャンプコミックス)

"ホシフルヨルニ"
なんとも風流なタイトルの24巻。
表紙は素敵な小咲です。
こう、空を見上げる様が似合いますよねー。
さすがはヒロイン♪ です。


気になるのは後ろ姿で……
波乱を予感させる表紙だったりもします。


お話はいよいよ大詰め。
高校生活残り少なく、じわり迫る卒業と別れ。
彼も、彼女らも思うトコロあり、動き出します。


と、長く続きました『ニセコイ』も
いよいよ……かな? という一冊に仕上がっております。
いやー、やはり悩みがツキモノでございますが、
こういうのが好きな私にはたまらない、
そんな24巻でございましたです。


では、ざざっと感想をば。


★以下、ネタバレがありますので注意★

■続・舞子くんとるりちゃん。

第208話 アコガレ
第209話 ヤッカイ
23巻でモヤモヤだった、
舞子くんとるりちゃんエピソード。
メインの楽と他ヒロインの今後も気になるのはもちろんのこと、
このふたりも大事で。


迷子になった外国人の女の子を間に挟みつつ、
舞子くんとのことを見つめなおす……
そんなるりちゃんの姿にグッときますねー。
どこか、寂しげな舞子くんも、これまた○。
るりちゃんにだからこそ、見せる姿、かしらね。


普段は気づかない意外な一面に目がいくと、
やっぱり心揺れますよね、うん。


このふたりには上手く一緒になって欲しいところ。

■流星群。

第210話 キメタノ
第211話 ホシフルヨルニ
第212話 バイバイ


幻の流星群がやってくる!
ということで、天体観測を! と意気込む一同。
ただ、この機会にただならぬ決意をするふたり。


高校生活最後の夏、でもありますから、
それはそうなりますよね。


迎えた決戦の夜は、なんというのか……
気持ち的につらいというか、なんというか。
私としては千棘に感情移入してしまう、
そんな場面で。
男勝りな場面が多くみられる彼女ですけれど、
こういうところに関しては撃たれ弱く、
自分の中でぐるぐる回して、どんどんはまり込んでいく。
そんな印象がありまして。


とは言っても、
さすがにここまでの動きをみせるとは……
そこまでの千棘の想いだった、ということで。
にしても、どちらも好きだと辛いよね……。

■千棘をさがして。

第213話 ツヅキガ
第214話 イドコロ
第215話 スキナノ
消えた千棘を探すべく、
万策尽くす楽と小咲ほか、いつもの面々。
明らかになった居場所は……なるほどー、と納得。
あまり深くは突っ込まず、
ちゃんと見守ってくれる、そんな場所に千棘は転がり込んでいて。


楽と小咲の取った行動も大胆でしたね(^^;)。
何よりも小咲。
辛くて、ぐいぐい来ますね。
こうこなくっちゃ! な場面でした。
特に普段は内気気味な彼女だからこそ、
価値あるシーンで。
そこまで思いきらせるほど、楽のことはもちろん、
千棘のことを好きなんだろうな……。

■あの場所へ。

第216話 シンソウ
第217話 キマッタ
えっ? そんな人が鍵を握っているの?
という驚きの展開。
確かに、ここまで謎の存在ではありましたが……
絵本の秘密もここで明らかに。
千棘の覚悟、楽の向かう方向も決まったようで。


来るところまできたなー! そんな感じを受けるエピソード。
いつも、ではありますが、
今回は一層、次巻が気になる締めでありました。

★総括★

大人しく"天狗高原"で検索してみました。


Link:天狗荘 TENGUSOU 【公式ホームページ】


うわー、たしかにここ、あの場所っぽい!!
ブログに掲載されている画像も美しく。
これは聖地巡礼的に、というのもありますが、
一度出かけてみたいなぁ。
ちょいと遠いですけれども……。


と、ホントに大詰めな24巻でした。
約束の場所へ集結、な次巻となるはずですが、
そこで決着になるのかどうか。
どのような選択を楽、千棘、小咲がするのか。
また、再来となりそうな彼女はどう動くのか。


楽しみに待つと致しましょう。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。