読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

ハルミチヒロ先生『スロースターター』芳文社 感想。

ハルミチヒロ先生の新刊、です。
紙の方は早めにリリースされていたのですが、
私は電子版待ちでして。
電子書籍版のリリースがちょっと遅れるパターン、ですね。
ようやっとKindle版が先日、発売されたので早速。


表紙の惹きがかなり強く、
電車の中で読むのを躊躇させられまして(笑)。
ハルミチヒロ先生作品って、
やっぱり、ちょっとえちぃ場面が多めの印象もあり……
通勤時は避け、自宅でマグネットバイクをまわしつつ。


唐突に出会ったオタク青年・緑(みどり)くんとあざみさん。
あざみさんの強引な押しに屈し、
初めてを奪われる緑くんなのですが、
あざみさんにも事情があって……。


出会い方は少々強引で、
若干、「えぇーっ?」という感じはあるのですが、
ヒロインであるところのあざみさんに意外な背景がありまして。
そちらの方に興味をひかれる、と申しますか。


泥酔状態で出会ったあざみさん、女の子に恋する方で。
そして、その失恋の憂さを晴らすべく、
偶然出会った緑くんに……と、ね。
もちろん、経験不足な緑くんはどこかしら、
あざみさんに惹かれていって。


ただ、あざみさんの想い人のかおるさんがこれまた、
ちょっと困った方で……
人当たりの良い、誰にでも……な?
その周辺のトラブルにまきこまれつつ、
緑くんとざみさんの距離も近づいて、と。


出会いはアレでしたけれども、
少しずつ間が狭まっていくふたりがなんとも良い塩梅で。
締めも余韻が心地よく。
こういう終わり方は好きだなぁ、と思ったことでありました。


あと、読み終えてから思ったのは……
この作品は電車内でも大丈夫でした(笑)。
そういう場面がない訳ではないですが、
そこまで多くないですし(^^;)。
これくらいの作品が丁度いいなぁー、
などと思ったことでありました。


ということで、ハルミチヒロ先生作品満喫♪
満足♪

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。