読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

冬目景先生『空電ノイズの姫君』第01話 感想(『コミックバーズ』2016年09月号 幻冬舎 所収)。

コミックバーズ 2016年 09 月号 [雑誌]

コミックバーズ 2016年 09 月号 [雑誌]

Kindleの読み放題に『コミックバーズ』が加わった、
とのことで「へぇ~」と眺めておりましたら、
ん? 表紙が冬目景先生ではありませんか。
んでもって、新連載?
これは読まねば! ということで早速DLしてみました。


……何気に連載で冬目景先生作品読むのって初めてかもなぁ。


冒頭から「最悪の女だった」ときて、
かなり惹かれます。
んでもって、黒髪の美少女、ですよ。
頁を捲れば、癖っ毛でギターを持った少女。
……音楽テーマなのかしらん?


件の「最悪の女」夜祈子とギター少女・磨音が軸になる作品の模様で。
磨音の父親はギター弾き、という珍しい職種。
家庭環境も若干、特殊っぽいですかね?
夜祈子の方も、ちらりと見えた日常の姿からするに、
なかなかに複雑なものを抱えていそうな。


わりと大人しい感じのある磨音と
アグレッシブ? な転校生・夜祈子の組み合わせで
どのような展開になっていくのか、
楽しみになる……そんな第1話でございました。
男の子からわりとちょっかい出されやすい夜祈子のようですが、
このあたりでひと悶着あるんですかねぇ。


ということで、次号も楽しみに待ってみたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。