読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『戦国妖狐』9巻 マッグガーデン 感想。

戦国妖狐 9 (BLADE COMICS)

戦国妖狐 9 (BLADE COMICS)

派手な戦いが見どころ、な9巻。
お話も進んで……悲しい、というか、寂しい、というか……。


千夜は自らの内の闇(かたわら)たちと対話、
"あそび"を重ね、力をまとめ上げていき。
千夜の成長は、真介はもちろんのこと、
将軍さまの言葉も大きく影響していて、
……それだけにその後、どうなるのか気になっていたのですが。
一応、歴史では、というのもあり、
先はある程度みえている、とは言っても、
やはり何とか……とは思うのが人情で。


ムドと千夜の対決は迫力満点!
スケールがどどーんと大きくなりまして、
その成長っぷりも伺える、というもので。
何気に月湖も活躍してみたりして(^^;)。
一心同体? になった千夜はさらに強くなった感。


将軍さまは……潔く、格好よく。
謎の5人組が不意に登場したのはかなり気になりましたけれども。
土地の神のおかげで、
仕えていたものは難を逃れたものの……うーん。
やるせなさ、というか、何か、もやっとするものが残り。
将軍さまじゃないですが、
笑わなきゃダメ、なんでしょうなぁ。


ムドも退け、京でも動きがあり。
たまも何かを見つけた様子で。
次巻は新たなお話の流れがありそうな。
そんな予感を感じさせる、区切りな9巻でございました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。