読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『戦国妖狐』11巻 マッグガーデン 感想。

冒頭のあらすじがとてもよく整理されておりまして
助かりました(笑)。
片手間なつくりではなく、
コンパクト、かつコミカルに描かれており。
本編との接続もバッチリで。
今後の展開を楽しむにはとても効果的かと思ったことでした。


んでもって11巻。
神雲と千夜、ですね、やっぱり。
親父さんとの対面。
8年空いて再会するふたりはどうなるのかしら、と。
……まぁ、そうなるか……という感じではありましたけれども。
さすが神雲、というかなんというか。
性格も、その強さも含めて。


親父に向かって振る舞いに迷いのある千夜の背中を押す、
そんな月湖をみられたのも良かったかしら。
お似合いのふたり、感がさらに増し。


戦闘シーンは大迫力の一言で。
Kindle Oasisで読みましたけれど、大画面での読み直し必至な。
……前も似たようなこと、書きましたけれど(^^;)。


無の民との戦いも激しくなってきましたね。
それにともなっての月湖の動きは気になるところ……
気持ちの強さが問われるのでしょうが、どうなりますか。


山の神は、なんとも気まぐれな動きで
お話を掻き回してくれて(笑)。
見た目も威厳がありつつも無邪気感半端なし。
神雲絡みでちょいと心配なことになりましたが。
んー、今後の役目が気になるトコロ。


と、ますます加速していくお話。
終盤ではオッ? と思う方も登場しまして。
さて、どう動くかなー?
もうしばらく、ワクワクしながら楽しめそうです。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。