読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

中沢啓治先生『はだしのゲン わたしの遺書』朝日学生新聞社 感想。

comics novel

Link:Amazon.co.jp: Kindle Unlimited - 本、コミック、雑誌が読み放題。

はだしのゲン わたしの遺書

はだしのゲン わたしの遺書

Kindle Unlimitedで読める!
ということで、チェックしてみました。


はだしのゲン』に私が初めて出会ったのは、小学校低学年の頃。
歯医者の帰り。まだ麻酔で口のまわりが痺れている状態で母親に連れられ、
市民会館の大ホールへ。
アニメ版が上映されていて……。
はだしのゲン

はだしのゲン

原爆投下直後の描写が激しく印象に残り。
あまりに衝撃的だったため、途中で退席。
後年、学校の平和教育の時間に見直しましたけれども。


コミックスの方は、幼馴染の家に一通り揃っておりまして。
ASIN:B013UQWVO8:detail
そちらで、時間をかけて読ませてもらいました。
やっぱり最初は、ひたすらに怖い作品、ですから。
こわいことを受け入れて、消化して、
ゲンの活きていく力だったり、
周囲との絆だったりがようやく理解できるようになってくる、というか。


そんな思い出深い作品であるところの『はだしのゲン』。
作者である中沢啓治先生の自伝がこの一冊、です。
殆どのエピソードが『はだしのゲン』を彷彿とさせるもので。
ご自身の経験をぶつけた作品だったことがよくわかります。
また、厳しい時代を生き抜くこと、
被爆者として生活する際のまわりの視線、
つきまとう放射能の身体への影響なども語られておりまして。
原爆、核兵器というものについてはもちろんのこと、
自伝としても読み応え十分でありました。


どうやって、中沢啓治先生はじめ、
戦時中を生き抜いた方の記憶を受け継ぎ、残していくのか。
今後の課題であることは間違いないのだろうなぁ……と思ったりもしたのでした。
一応、NHKが戦争証言を集め、公開したりもしていますけれど。


Link:NHK 戦争証言アーカイブス
Link:特集 広島原爆 ~きのこ雲の下で何が起きていたのか~|NHK 戦争証言アーカイブス


こういう仕事って、NHKならではで。
色々と話題になっているNHKではありますが、
きちっと、民放にはできないコトをやってくれるなら、
応援したいですけどね……って、
『特集 広島原爆 ~きのこ雲の下で何が起きていたのか~』
はまだ観ていなかったのでチェックしよう……。


……と、話は逸れましたけれど、
Kindle Unlimitedでも読めますので、
興味のある方は『はだしのゲン わたしの遺書』、
是非お試しくださいませ。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。