読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

糸杉柾宏先生『いいなり』1巻 秋田書店 感想。

『あきそら』、『うわこい』でおなじみ、
糸杉柾宏先生の新作『いいなり』1巻が
紙、電子、同時発売となりました。
私はもちろん、Kindle版を購入。
電子版にも特典イラストがついているのは嬉しいですね!
利便性だったり、ちょっとお買い得だったりする反面、
特典イラスト系はあきらめる……そんなことが多いだけに。


美しく成績優秀な理想的生徒会長"有栖川ミサ"。
彼女に憧れて生徒会に入った波多野くんでしたが、
ちょっとした(?)出来心がキッカケとなり彼女の秘密を知ってしまう。
そのことが会長に露見し、秘密を共有する関係に。
関係を深めていくうち、
次第にあぶない方向へと、ふたりは進んでいくのでした。


糸杉柾宏先生作品なので直球ストレートな恋愛話ではなく。
"ん?"と引っかかりながらも、
ついつい惹かれてしまう作品に仕上がっています。


何故、そのような性的嗜好となってしまったのか?
と疑問を抱きつつも、会長はとても魅力的で。
普段は皆から憧れられる存在なだけに、
裏の姿が一層……というところでしょうか。
対して、波多野くんは割と大胆で……
彼は罪悪感だったり不安だったりがしっかりありまして、
会長と上手いコト、バランスがとれている印象。


さて、ここからこの二人の関係はどうなっていくのやら。
もちろん、バレる危険もあれば、
どんどん深みにハマってしまい、大変なことに、
なんてこともありそうですし。
おそらくは後半に登場した幼馴染の坂口さんが
2巻あたりで大きく話に絡んでくるのかしら?
眼鏡っ娘ですし、お胸も……ですし、
色々と期待してしまいます(^^;)。


糸杉柾宏先生らしい、
興味深い作品になる予感のする『いいなり』。
次巻も楽しみに待ちたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。