読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

里好先生『哲学さんと詭弁くん』1巻 KADOKAWA/富士見書房 感想。

哲学さんと詭弁くん1

哲学さんと詭弁くん1

里好先生『哲学さんと詭弁くん』単行本、ついに発売♪
途中、7話目のヘソの話から連載を読み始めたので、
それまでのお話が気になっておりまして。
これで存分に楽しめる!!


基本的には"哲学さん"こと哲学な女の子である折口さんと、
"詭弁くん"こと捻くれ青年な木辺くんの
日常の何気ないことから哲学的な……
って、ちょっと"?"なことが起点になることもありますが(笑)。
フェチ、というかなんというか。


本編でございますが、期待通り……
いや、その上を行く感じがたまりません。
哲学さんと詭弁さんの出会いがコレまた酷い(笑)。
学校ではよくある、といえばあるパターンではありますけれど(^^;)。


言い回しも印象的なものが多く。
「孤高人(ぼっち)」とかね……。


お気に入りのエピソードは……
「だーれだ」(17頁)
「私はだーれだ? 本質的に我々はなにもーのだ?」(21頁)
ですね!
もう、考えても、絵面的にもラブコメ的な展開になりそうなところ、
強引に哲学な展開に持ち込み、妙なギャップに笑いが、という。
この作品の良いところがグッと出ているなー、と。


また、やっぱり哲学さんが可愛くてですね。
脚、ふとももが特に素晴らしい……黒ストッキング補正?
お話を楽しむのはもちろんのこと、
哲学さんを愛でるのも、この作品の楽しみでありまして。


若干えちぃっぽいエピソードもございますし、
強引にぶちこまれる哲学ネタも読み応えあり。
おまけに女の子可愛い、とくれば、読んでみるしか!
オススメでございます。


次巻は……ペースからすると1年後ですかね?
連載追いつつ、じっくり待つと致しますかー。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。