読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2016年11月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。

comics

ドラゴンエイジ 28年11月号

ドラゴンエイジ 28年11月号

今号スタートの新連載はなかなかの感触で。
可愛い絵柄で派手な展開なので、
太く短いお話になるのかな? という気もしつつ。
期待は高まります。


発表された新連載は『東京自転車少女。』の"わだぺん。"先生の作品、
と、これまた期待せずにいられない訳で。
定期購読している誌面に好きな作家さんが来てくれるのって、
めっちゃ嬉しいですよねー♪
単純に、読める作品が増えるのも嬉しいですけれども(笑)。


先々も楽しみになってまいりました『月刊ドラゴンエイジ』、
チェックした作品の感想をば。

■つくすん先生『疾刻少女』第1話

「幸先」
ほんわかした絵柄と、
長身、お胸も大き目なヒロインとあらば、
まぁ読みますよね。うん。


いやー、これが。
主人公? 晴彦くんがヒロイン? 黒星さんにえっらい、
コンプレックスを感じている、という……。
しかし、ここまでど直球にこれを描いている作品は初めてみまして、
ちょっと先を見届けねば、と思ったり。

基本的に好きな人にする行為よね。
それも、かなり好きな。
どのようなタイミングで晴彦くんが自分の気持ちを認めるのか、
は気になるところで。


黒星さんの病気? 力も気になるところですし、
ど派手な展開になっていますから、
周囲の動きも気になる次回……。


トータルとしてお話は長くならなそうですけれども、
かなり面白くなりそうな予感でございます。
良い連載が始まったなー。


それにしても、ここのところ、
発育の良いヒロインが軸になるお話、よく見かけるような。
……かなり好きなので、どんどん流行れ!!
なんて(笑)。
胸がー、だけではなくて、長身だったりも良いよね!!

佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:7 Fatal disease XV 全身麻酔


それぞれの勢力の動きが終着点へと向かうような。
決断の回、でしょうか。
痛みを覚悟しての対処。
嵐たちの動きにどう影響してくるのかは、
先をみないと、ですけれど。


三つ巴、になるのかしら?
とりあえずはその前に一戦。
その流れに注目ですかね。


単行本も来月なので、
改めてのまとめ読みも楽しみにしつつ。

トリアージX 14

トリアージX 14

里好先生『哲学さんと詭弁くん』問14

「君はなぜ芸術のために脱がないのか」


単行本も発売されまして益々盛り上がる予感!
な、『哲学さんと詭弁くん』。
今回もまた……。


詭弁くんの昼食場面に既視感をおぼえるのは、
単行本読了直後だからですね(^^;)。
しかし、だんだん哲学さんもアグレッシブになって参りまして(笑)。
先生を巻き込むなら、以前に握った弱みを……って、
そこまでやるとアレですもんね……。


なんというか、今後の先生との関係も楽しみですね(笑)。

哲学さんと詭弁くん1

哲学さんと詭弁くん1

武田弘光先生『マケン姫っ!-MAKEN-KI!-』玖拾壱話

「ロマン決戦」
ロマンとは?
と思いつつ読み進めて納得、な。
確かにロマンだな、と!


ちょいと戦いは長引きそうな予感ですねー。
まだまだ緒戦の筈ですが、
色々とありそうな雰囲気ががが……。
今回、幕をあけた一戦も、
それなりに時間かかりそうですし。


諸々は置いておいて、
まずはロマンを楽しもうではありませんか!
ですね。

■原作:滝沢慧先生/作画:草壁レイ先生『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが』第4話

変わらず攻めの一手な水崎さんなのですが、
ちょっとここまでくると色々心配に……。
おまけにライバル? っぽい女の子もより強く関わってきて。
幼馴染、天然系、超えちぃ身体、いきなり好感度MAX、
という強敵でございます。
エロゲならこれは……などと思ったりしつつ読み進め。


小田桐くんには若干の迷いも見られつつ、
まだまだ水崎さん一筋っぽいですけれど、
水崎さんは行動が若干心配、
幼馴染の娘はなにか想い出を軸として感情を揺さぶりそうですし、
もつれそうな?


ネジの外れたラブコメの行く先、
楽しみになって参りました。

的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』第25柱

ああっ、レヴィ博士とっ!!
な緊迫の場面は継続でありまして、
わりと悶々としながら読み始めました(笑)。


春臣くんの意志の強さ……とでも言うのかしら。
レヴィ博士もこれで、
流れ上ではなく、素で春臣くんに惹かれてしまうのでは、
なんて心配になってしまったりも。
完璧すぎる春臣くんに嫉妬(;^_^A。


ちょいとヂルチは不安定に。
というか、これは一層面倒なことになるのかしら?
室姫さんの方もなにやらあやしい動きがあり……。


おそらくは、
過去のあの一点に収束していくのだろうなぁ。
そういう予感をさせるお話でした。


室姫さんはどう動くかな?

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。