読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Band 2 購入から一週間。

gadget

Xiaomi Mi Band 2の購入から一週間が経ちました。

すぐ飽きるかも? などと思ったりもしていたのですが、
これがなかなか面白く。


諸々の設定はスマートフォンのアプリで行います。
私は基本的にはこちらのAndroidアプリで諸々を設定、使用しています。

有料ですけれど、これは課金する価値アリ、です。
何といっても日本語対応なのが嬉しいところで。
そこまで複雑なことができるモノではないですし、
英語でもなんとかなるっちゃなるのですが……
やっぱり、使い続けることを考えますと日本語対応は
嬉しいところでございまして。


純正Androidアプリはこちら。

上の有料アプリを使う場合でもこちらのアプリは必要となります。


では、使用している機能、ならびに本体の感想をば。

■アラーム

Androidアプリ:Tools & Mi Bandを使用。


手元の振動で起こしてくれます。
これが何気に効果的? なようで。
音で起こすスタイルではないですから、
集合住宅での近所迷惑を意識することなく
早朝の設定も出来まして。
あと、振動って結構、目が覚めやすいですね。
慣れてしまうのかもですが(;^_^A。


分単位での仮眠設定も気楽にできまして、
設定も保存できるのでお昼休みのちょっとした昼寝にも重宝!


どれくらい効果があるのかは不明ですが、
スマートアラームという設定もあります。
睡眠行動パターンからアラーム設定時刻前の
丁度いい頃合いになる……みたいです。
こちらは、ある程度、Mi Fit(Xiaomi純正アプリ)側に
睡眠のデータが貯まってから活躍……なのかな。
一応は設定しているものの、まだ効果の実感は薄いですね。
今後に期待。

■通知

Androidアプリ:Tools & Mi Bandを使用。


TwitterInstagramの通知を設定しています。
そうそうやりとりがあったりする訳ではないですけれど、
何気に通知があると便利かも。
ぶるぶる、振動と画面へのアイコン表示でお知らせしてくれます。
メールの着信通知にも使えますが、
広告などが多数着信するのでそちらは設定せず。

■心拍数計

Androidアプリ:Tools & Mi Bandを使用。


取得間隔を設定、保存も可能。
ただし、Mi Band 2自体にはデータの保存はできないので
母艦スマートフォンと通信できる環境が必須となります。


少しばかり試しましたが、
Mi Band 2と母艦側のバッテリー消費が気になって
それほど使用はしていません。
……いや、バッテリー消費を測定した訳ではなく、
何となく……ですけれどね(;^_^A。
近々、自転車乗るときにでも設定して走ってみます。

歩数計

Androidアプリ:Mi Fitを使用。


歩数もきっちりカウントしてくれておりまして、
Mi Band 2単体でも確認ができます。
アプリ側では何時何分から何時何分までが何歩、
くらいのデータまで確認できるので、これはこれで面白く。
今後の徒歩移動の目安ができそうです。

■睡眠分析

Androidアプリ:Mi Fitを使用。


7日間で計測成功は3回……おそらく、ですが、
私は睡眠時、スマートフォンをベッドの下に置くので、
それでBluetoothの通信がうまくいかないのかなー、と。
ロフトベッドなので、万が一、上から落としたら……
なんて考えてしまい。
ちょいと、しばらくスマートフォンをベッドの上に置いて寝てみます。


計測できた結果を見てみますと、
真偽はともかく、深い眠りの時間、浅い眠りの時間、
当然の如く睡眠時間もビシッと表示されます。
生活改善のための手助けにはなってくれそうなので、
スマホ置き場所変更で何とかなると良いのですが……。

有機ELディスプレイ

室内での視認性は問題なし。
若干、屋外で見づらい印象です。
これは仕方ないところですかね……
自転車乗りながらの時刻確認などには辛いかも?

■シリコンバンド

軽く、本体の軽さを活かすのにはピッタリな。
ただ……私の体質の問題なのか、
きつく締めすぎなだけなのか、
手首に穴の部分の跡がついてしまって……
ちょうどいい幅を探る日々が続いています。
できるだけ着用したまま生活するアイテムなだけに、
重要な部分ですよね。


長く使いそうな気もしてきたので金属製のベルトをGearBestに注文。
現在到着待ちだったりします。

■バッテリー

一週間で30%ほどの消費でした。
ということは、約20日もつ、というのは嘘ではなさそうで。
今後、使い続けたときの劣化具合はどうなのか気になるものの、
当面は電池切れを気にせずに使えそうです。

■ボタン?

時計や歩数、心拍数などをタップで切り替えるボタン状のものがあるのですが、
それの反応が悪い……と当初、思っていました。
ですがコレ、
自動の時刻表示(自分に向けた際に時刻表示をさせられる)をした場合、
その間はタップを受け付けないようで(^^;)。
気づいてしまえば何の問題もありませんでした(笑)。

■Mi Band 2を一週間使ってみて。

スマートフォン連動のアイテムって、思えば初めて使うような気が。
個人的にはこういう連携・連動モノは
どちらか片方が何等かの理由で使えなくなった場合に
一気に利用できなくなったりするので好みではなかったのですが。
Mi Band 2を使ってみることで、見方が少し変わったような。
そんな気がします。


設定や細かい情報表示は母艦のスマートフォンにまかせ、
本体はコンパクト、軽量で身に付けやすくなっていて。
独立して機能を持たせようとすると、
どうしても大きく、ゴツくなってしまいますが、
そのあたりが上手く調整されているのかな、と。


歩数も少しは意識するようになりましたし、
睡眠分析も、ちゃんと測定できるようになれば
おもしろいデータになりそうで。
継続的に使ってみまして、
また何かありましたら感想をまとめてみたいと思います。


今のところはかなり満足して使っている次第。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。