読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊コミックバーズ』2016年11月号 幻冬舎 感想。

コミックバーズ 2016年 11 月号 [雑誌]

コミックバーズ 2016年 11 月号 [雑誌]

当初、冬目景先生『空電ノイズの姫君』のみ追っていたのですが……
今号からの新連載2本が面白く、
次号からは『34歳無職さん』のいけだたかし先生の新連載だったりが始まるようで、
となると4本チェック……なら、
読んでいる作品の感想をまとめて書いたほうが、と。


ということで、『ドラゴンエイジ』同様、
今後は毎月チェックしていく所存です。
ただ、Kindle版で読むので、
紙からは遅れることになりそうですけれども。


では、チェックした作品の感想をば。

草野紅壱先生『純潔戦線』第1話

「世間の歪みは心の歪み」


一応は魔法少女モノらしいのですが、
わりと戦う手段は物理的、というかなんというか。


とりあえずは最初のお話なので、
メインの登場人物が出てきて、ごく基本的なルールがわかって、
謎……とまでは行かなくても、何でこうなってるの? という、
次回以降で明らかになる部分がほのめかされる、塩梅で。


そもそも、何故に彼女らが魔法少女となったのか、ですとか、
彼女らを魔法少女にしたのは誰なのか、ですとか、
何と戦っているのか、ですとか、
そのあたりがいまのところ不明なところで。
武器も面白いですし、
初回の敵もなかなかにどうかしている塩梅だったので、
ちょいと期待したいところです。
……いやー、でも今後の敵が心配になりますね……
この方向で強くなるのかな?
「歪み」と戦う、という意味では性的に歪んでいるのが今回で、
これからは金銭なり、性格なり、権力なりの「歪み」を現した何か、
と戦うのかしらん、とも思ったりも。


何れにしましても、いい連載が始まった!
と思ったことでありました。

冬目景先生『空電ノイズの姫君』第3話

扉絵のちょいと不機嫌そうな夜祈子さんが素晴らしいです!
若干、惚れてつきまとう男の気持ちもわからないでもない(^^;)。


さて、大学生アマチュアバンドのギター候補として
白羽の矢が立ちかかった? 磨音でありましたが、
本人の性格や見た目もあり、
すんなり加入とはならなそうな?
状況的には夜祈子さんも加わる余地はありそですが、どうなりますか。


夜祈子さんは相変わらず、というか何というか。
嫌がらせもエスカレートしているものの、負けておらず。
磨音のサポートもありますけれど……
夜祈子と磨音の関係は程よい距離間、ということなのかもなぁ、なんて。
踏み込みすぎない、というか。


静かに、ですが、着実にお話は進んでおり、
……あ゛ー、早く次が読みたいです(笑)。
こういう連載の悶々も良いですね!

土山しげる先生『俺、南極で料理してます』第1話

タイトルからもわかります通り、料理・食事モノ、です。
人間の食事の回数には限りがあり、
それぞれには背景があり、ドラマがあり。
原案には第55次 南極地域観測隊 調理担当の方が付いているようなので、
食材の制限だったり、実際のメニューの反映も期待できそうで。


ガツンと感動、ではないですけれど、
しみじみと沁みる、素朴な人情、それとつながる想い出の味。
いいですねー。
また、メニューの名づけが良いなぁ。


さらりと読めて、ストーリーもよく、お腹もすく(笑)。
この新連載は楽しみになりそでございます。


とりあえず、明日の昼はチャーシュー麺食べたいかも!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。