読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

池田邦彦先生『グランドステーション〜上野駅鉄道公安室日常』2巻 講談社 感想。

comics

池田邦彦先生『グランドステーション〜上野駅鉄道公安室日常』。
2巻で完結です。
もう少し、上野駅での様々なドラマを見たかったですね。


舞台は昭和40年代前半。
復興したとはいえ、
人々の記憶にはまだまだ戦争が残る、そんな時期。
北から、南から、東へ、西へ、と
数多の人が利用する上野駅での様々なドラマ。


時代の空気を濃く感じさせてくれるところはそのままに、
鉄道のダイヤや路線を駆使した人探しや、
ホロリとくるエピソード、緊迫感のあるお話もありまして、
読み応えがあった印象です。


特に最終巻というだけあり、
主人公の鉄道公安室・樋口の生い立ちも深めに描かれており。
戦後の厳しい時期を生きていくことの大変さ、であったり、
そこに溢れる人情もたっぷりと……。


職種的にも視点・視線が面白いところでしたので、
もっと色々なエピソードがあっても良かったのに、
というのは上にも書いた通りで。
また、私は特別、鉄道好きという訳ではありませんけれど、
描き込まれている鉄道関連の知識などは
とても興味深く読むことが出来。
池田邦彦先生の次回作にも、つい期待したくなる、
そんな作品になっているように思います。


わりと近くて遠い時代を描いた人情味にもあふれた作品。
秋の夜長に、結構ぴったりだったかもな、
などと読後に思いつつ……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。