読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

須河篤志先生『俺の姫靴を履いてくれ』1巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

毎週楽しみにしているラジオ番組
『それ行け!オッサン大作戦』がお休みで失意の日曜日夜でございます。
それでも、マンガは読むのですけれども。


ということで、須河篤志先生『俺の姫靴を履いてくれ』1巻。
Twitterのタイムラインに3巻発売の情報が流れて参りまして。
表紙画像とタイトルを見て、
「あ、これは私の担当だわ」と直観。
Kindle版1-3巻、まとめて注文致しましたです。
カドカワ系セールの勢いも借りてはいますが(^^;)。


んでもって本編。
タイトルからも推察されます通り、靴屋さんのお話。
それも、ハンドメイドな。
問題は……
その靴屋の職人、かつ主人公な西村正助氏は……
とても脚を愛する方……それ故にちょっと過去に色々あったりもしつつ。
また、それがキッカケで新たな出会いもありつつ?
と。


途中から期待して読み進めましたが、
足や靴に関する知識が織り交ぜられておりまして、
そういう部分は興味深く。
また、西村さんの性癖が故、
脚がとても魅力的に描かれており……もちろん、性的な意味で
結構、キワドイ場面もありますので、
皆にオススメできる! とは言いかねますが、
表紙に惹かれてしまったのなら間違いはないし、
大抵の期待に応えてくれるはず!! とは思います。


西村さんの過去はぼんやりと見えているものの、
具体的に何があったのかはまだ不明ですし、
彼に変化を与えた彼女が、
ここからその背負っているものにどう関わっていくのか。
お話的にはそのあたりが楽しみでございます。


って、最新の3巻で完結のようなのですが。
ともかく、順を追って楽しんでいきたいと思う次第でございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。