読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

川崎直孝先生『ちおちゃんの通学路』2巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

comics

ほんとにタイトル通り、
通学路で多彩なお話を展開させる『ちおちゃんの通学路』。
1巻でその勢いに魅了されたものの、
場面を絞り込んでいるだけに、ネタを出すのが大変なのではないかしら……
などと余計な心配をしつつ読み始めた2巻。


余計な心配でした(笑)。


いやー、どうかしてる、というか何というか。
こうも通学路に詰め込むか! と。
しょっぱなのお話のクラス内カースト系のお話は
ちおちゃんと真奈菜ちゃんのなんともゲスいところが出ており、
なんとも面白く(笑)。
とはいえ、ちおちゃんの最初の勘違いなところは
どことなくわかるような気もして(;^_^A。


1巻での"ブラッディ・バタフライ"話も、
まさかの継続な上にすんごい広がりを見せ。
ちおちゃんと安藤さん(1巻で登場した暴走族)の関係も
微妙に軸がズレているように見えつつも接近しているような?
まさかのラブコメ展開くるの? と、期待のラインがひとつ。


んでもって、カバディなエピソードは
アクションと機転あふれるお話となっており……
あと、結構えちぃ?
なんだか、むにゅむにゅ、
やわらかな触感が読後、残りました……。


……と、2巻も面白く、勢い衰えず、
一気に読み切ってしまいました。
これはいい!!


などと言っておりましたら、
Kindle版の1-4巻が各22円のセールみたいですね。2016/10/24現在、まだお買い得状態のようです。
いつまで続くのかは不明ですので、
気になる方は早めに……自販機ジュース1本分で4冊読めるチャンス!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。