読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

鳥飼茜先生『地獄のガールフレンド』2巻 祥伝社 感想。

comics

地獄のガールフレンド 2 (フィールコミックスFCswing)

地獄のガールフレンド 2 (フィールコミックスFCswing)

鳥飼茜先生『地獄のガールフレンド』2巻でございます。
1巻にもチラチラ出ていたようにも思いますが、
今回は三者三様な恋愛模様、恋愛観がなんとも面白く。
特に、シングルマザーな加南さんに動きアリ!


一回り近く年下の男の子に惹かれる加南さんですが、
その感情がちょっと面白く。
彼氏ではなく、"彼女"な彼に。
自分が"彼氏"として向かう、不思議な気持ち。
もちろん、我が子に対する思いだったり、
何とも難しい後ろめたさみたいものもあって。
90頁の加南さんのセリフ。

お母さんであって彼女でもあるなんて
なんかダメじゃない…?って
呟く声が聞こえない…?

……気になりそうなポイントではあって。
でも、そこを後押しする友情、のようなものをみせる
悠里さん、奈央さんがまた良い塩梅で。
こういう仲間?
一緒の方向を自然と向いてくれて、
とくに飾らず、後押ししてくれる存在っていいなー、などと。


ということで、一先ずの焦点は加南さん、ですね。
別れた、とは言っても前夫と完全に仲が悪いようではなく。
また、息子さんの存在と恋愛との板挟みになるかもしれない
心の動きも見どころで。
どうなるのかしら。


また、そんな様を間近でみる悠里さんや奈央さんが刺激を受けて
動き出すのではないかしら、という気もし。
何やらさらに面白くなってくるのでは?
そんな気もするのでした。


お話のラインも面白いですし、
日常の何気ないコト、化粧についての色々とか(笑)、
生々しいお話もあって楽しいです。


女同士の同居話、次巻も楽しみです。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。