読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『戦国妖狐』15巻 マッグガーデン 感想。

戦国妖狐 15 (BLADE COMICS)

戦国妖狐 15 (BLADE COMICS)

無の民に操られた万象王との決戦!
なのですが、もちろん一筋縄にはいかず。
最終決戦の前哨戦、ですね。


前の巻で道錬、神雲の戦いに決着がついた訳ですけれども……
これがなんとも、な流れとなり。
まさに、男の子の話、というか、何というか。
受け止めて立ち上がる千夜はもちろん、
ムドも……強い、ですよね。


万象王との闘いはまさに総力戦で。
たま、真介、闇たちも参戦する様は見応えがあり。
なにより、灼岩が……んー、ずるい!!
と思いつつ、涙をこらえつつ読み進めましたです。


なんとなく、な予感はありましたが、
千夜とムドは良い友人関係になりそうな?
"遊んだ"相手だから、当然?


終盤にはいよいよ無の民と対峙、ですが、
こちらも色々事情はありまして……
とはいえ、考えが統一されているようでもなく、
つけ入る隙はありそうで。
迅火の兄も登場し、千夜をうまく導いてくれる風もあり。
性格もさすが兄弟というべきか、
なかなかに癖のある感じが○。


んー、迅火に対面したとき、どうなるんですかね。
千夜も、たまも。
無の民をどうするか、という問題が眼前にある訳ですけれども、
やはり迅火とどうなるのかが気になる、
そんな15巻でありました。
……道錬、神雲、灼岩、の色々があっただけに。


間が空きましたが、ここからラストまで楽しんで参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。