読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『戦国妖狐』16巻 マッグガーデン 感想。

戦国妖狐 16 (BLADE COMICS)

戦国妖狐 16 (BLADE COMICS)

無の民との対峙、そして、決戦の地へ……な16巻なのですが、
何より重要なのは千夜の落ち着くところが見つかったこと。


無の民とは、直接な戦い、というよりは
話し合いで決着で。
一部、好戦的な者もいたものの……八卦猫の助力もあり、
落着した感じで。
下手に戦いになってしまうと
彼らの背景がモヤモヤした形で残ってしまいそうでもあり、
良い収め方に思いつつ。


そして……まぁ、月湖さまさま、ですよね。
愛の力でなんとかしてしまった感じで(笑)。
ずーっと引っ張ってきたものも、
真介が断ち切る場を用意し、
強引に月湖介入で押し切ってしまう、という(笑)。
女の子は強いのだよ、と。
千夜もかなわない、
なんともな力にニヤニヤしてしまったことでした。
最初の方は千夜が月湖を守る、というか、
気にかける感じだったようにも思いますけれど。
何か、悶々としている千夜に
さすがに我慢できなくなったのだろな、と(;^_^A。


そして。
倒す、というよりは助ける、のが目的。
しかしながら相手は圧倒的な力をもっていて。
どうやっておさめるのか。締めが楽しみです。
千夜も落ち着きましたしね。
月湖が受け止めてくれるから。


ちょっと間に何か挟んで最終巻、楽しみたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。