読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊コミックバーズ』2017年1月号 幻冬舎 感想。

コミックバーズ 2017年 01 月号 [雑誌]

コミックバーズ 2017年 01 月号 [雑誌]

またまた新連載がスタートしまして、
私としては嬉しい限りな『月刊コミックバーズ』。
ちょっとアレなのは、
電子版の配信が私の愛読している他誌に近い事。
贅沢な話ではありますが。


表紙は土山しげる先生『俺、南極で料理してます』とありまして、
何だか対象年齢高めな雑誌に見えます(^^;)。
これはこれでヨシ、ですけどね!


ということで、チェックした作品の感想をば。

いけだたかし先生『時計じかけの姉』第2話

「ツグジ君の純情」
ミナト君は相変わらずで。
また姉の晶さんも……というか、この姉弟、
直接的な関係はさすがにないだろう……などと思っていたら甘かった(^^;)。
先々、一層大変そうな。


お題の通り、前回も登場した、
晶さんに想いを寄せるツグジ君にフォーカスな今回。
なかなかに一直線な恋慕で羨ましくなるような。
ミナト君の存在が今後、ツグジ君の恋路にどのように絡んでくるのか。
楽しみなところで。


締めの場面はなかなかに良い感じで。
晶さんが抱えているものがちょっとアレですけど(笑)。

■魚乃目三太先生『旅の肴~~十返舎一九 浮世道中 旅がらす』

第一話 江戸・聖天町/第二話 江戸・吉原


新連載、二話掲載!
舞台は江戸、とありましてなかなかに風情もあり。
江戸時代のお話ですので
ちょっと距離を感じるかしら? とも思ったのですが、
絵柄もありまして何か身近な感覚で楽しめそうな。
特に今回のごはんは庶民的なものでしたし。


ご飯を扱う作品も多いですけれど、
ちょっと変わった視点で楽しめそうです。
これまた、イイ連載が始まりました。

草野紅壱先生『純潔戦線』第3話

「魔法陣の行方」


冒頭の展開にはちょっとドキッとしました(^^;)。
そして、新たな"歪み"の登場……なのかしら。
具体的には今回、明らかにされず。
出現場所がアレなので、誘い出したりする展開になるのかな?


藤間くんはもう、抜け出せなくなってしまったようで。
可愛い魔法少女と行動できる訳ですから、
ある意味羨ましい環境ですけれども。
……しかし、苦労が絶えないことになりそですよねー。


魔法少女の方はともかく、
藤間くんの葛藤に注目していきたいと思います。

冬目景先生『空電ノイズの姫君』第5話

バンドに足を一歩踏み入れた磨音ちゃん。
ということで、いよいよ本題の予感?


まずは彼らと合わせてみて、となった訳ですが、
磨音ちゃんも満更ではない様子で。
とはいえ、ちょっとした悩みもあり、それはまたそれでヨシ。
そんな中、相談にのってくれるチサトさんは有難い存在、
ですよね、うん。
磨音ちゃん父とチサトさんの関係も見どころ、ですね。


問題は夜祈子さん。
最後の場面が……
うーん、誰なんでしょうね、相手は……。
磨音ちゃんはある程度の道筋ができたように思うのですが、
夜祈子さんはまだ謎の多い感じで。
そこが魅力のひとつ、ではあるのですけれど、
ちょいと心配になるのでした。

土山しげる先生『俺、南極で料理してます』第3話

「On the Rocks」


賑やかな食事が多かったここまでですが、
今回はしっとり、ひとりの夜。
ウイスキーをロックでシンプルに。
ちょっと贅沢に……南極らしく。


なにか、しん、と静かな雰囲気が伝わってきて、
印象的なお話でありました。
読んでいて、こちらもホッと一息つける、とでも言うか。
こういうお話もよいですね。

■つばな先生『惑星クローゼット』第1話

「水路のヘビ」


新連載。
奇妙な、そしてリアルな夢をみるようになった愛海。
通学路では奇妙な生き物? が目撃され、
さらに男子が目の前で水路に飲み込まれて消失。
日常が崩れる……異世界にのまれる感じが、
なんとも気味が悪く……面白いです。


夢の中で出会う少女が何者なのか、ですとか、
迷い込んでいるところがどこなのか、ですとか、
気になるところは多々。
今後が楽しみになる導入、第1話でした。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。