読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2016-12-10(Sat.)『田村ゆかりファンクラブイベント2016 東京公演』両国国技館 感想。

Link:田村ゆかり Official Web SiteⅠYUKARI TAMURA Official Web Site
Link:国技館のご案内 概要 - 日本相撲協会公式サイト


ゆかりんFCイベントの東京公演、昨日行ってまいりました。
久しぶりにゆかりんの姿を拝見出来、安心、というか何というか。
また、よく笑い、あたたかな気持ちになれたイベントでありました。


では、感想をば。

■出発。

今回、開場13:00、開演15:00と、早めの時間設定で。
昼前に自宅を出、近所の喫茶店で軽く昼食を摂った後、
電車に乗って会場へ。


都営浅草線蔵前駅には13:00頃に到着し、
そこからしばし徒歩。
天気は良いのですが、風が強くて冷たくて……なかなかにしんどく。


会場の両国国技館に到着してみれば既に皆さま到着しておられ。
物販は早めに始まっていたんですよね。


そいえば国技館って以前のFCイベント以来ですね、来たの。
一度、お相撲も観てみたいなぁ……。

■物販。

さて物販、と見回すも、なかなか場所が見つからずに難儀しました。
結構、ぐるっとまわったところにありまして。
混雑緩和だったり、行列することを考えての構成なんでしょうね。


物販開始予定の9:00から時間もたっていましたので
さほど待たずに諸々、購入できました。
季節的に卓上カレンダーがグッズにあるのがとても嬉しく。
これで一年、ゆかりんと一緒、です。
フォトフレームも机などに飾りやすいですく、有難いです。
場所をあまりとらないモノに惹かれるんですよねー。


ということで、物販を終え、
事前チェックインカウンターへ移動、です。

■事前チェックイン!

FCイベント故、会員証と身分証明書、チケットの確認が入場時に必要で。
入場時の混雑の原因になるからか、
今回は事前チェックインカウンターで先に確認。
そこでリストバンドを巻いてもらい、
入場時はそちらをみせる……という手順をとることになったようで。
リストバンドもなかなかに可愛くて♪

■入場。

14:00前に会場内へ。
開演まで時間はあったものの、
升席はちょっとわかりづらいので念のため早めに、と。
……も、さすがに前に一度来ていた経験も生き、
すんなり自席に到着(^^;)。
ステージ正面の升席♪


んで、座るのですが……床が固いっ!!
なかなかにしんどかったです。
始終、正座と体育座りを繰り返すような状態に……
物販でBIGクッション買っておくべきだった!!
などと思ったりもしつつ。

■開演!

開演は定刻15:00から少し遅れて。
まずはおなじみ、司会の鷲崎さんが登場。
そののち、我らがゆかりん
青っぽい可愛い衣装、変わらぬミニスカートでございました。
うーん、やっぱり可愛い……。


FCイベントとありまして、企画をこなすのが中心で。
15周年にちなんでの15分で15の質問に答えたり、
友だちがいない、というゆかりんに友だちをつくろう、と、
ゲストを迎えての対決企画だったり。
若干のゆるさは感じたものの、
鷲崎さんとゆかりんのやりとりが面白くて。
……あ、Pepperくんとのもよかったですね(笑)。
想定外の動きがまた、最高で。
楽しいトークとゲームで約3時間。
満喫させていただきました。


ちょいとばかし、歌がなかったのは残念でしたけれども。
こういうFCイベントも悪くないなー、と思ったことでした。

■終演後。

帰りの駅にて、ふと右手のリストバンドを眺め。
コレ、なんとか切らずに外せないかしら……と思い、
スマホで検索……外す方法、ありました!

想い出としてとっておきたかったので良かったです。

■まとめ。

ということで、ゆったりとトークを楽しむ、
そんなFCイベントでございました。
スタンディングになるようなこともなく。
今までですと、大抵、ツアーの発表などがあったりしましたけれど、
そういうのもなく。
ですけれど、元気そうなゆかりんの姿を見ることが出来、
トークを楽しめただけでもファンとしては良かったかな、と思うのでした。


次のFCイベントも楽しみにしつつ。
……んー、またライブを観たいかな、というのが
正直なところではありますけどね(^^;)。


ともかく。
ゆかりん、鷲崎さん、スタッフの皆様、
会場に集まったファンのみなさま、おつかれさまでした。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。