読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

DVD『クロノクルセイド』第13話「姉」/第14話「祈り」感想。

animation

当初は郵送レンタル的なサービスで観ていたのですが、
そちらを解約してしまった関係上、
途中で視聴が止まっていたアニメ版『クロノクルセイド』。
前々から気になっていた海外版DVD-BOX購入に踏み切りました(^^;)。
3,000円くらいですし、配信で1話ずつ観ていく価格を考えると……
まぁ、手元にモノも残るし、良いかな、と。


購入したのは、フランス語版。
難しいことはよくわかりませんが、
フランス語・PAL版DVDはPCだとリージョンの変更等必要なく。
再生可能らしく……んで、特別、何ら設定変えることもなく再生出来。
もちろん日本語音声は入っていますから、
そちらも問題ナシ。
ディスクにちょっとした傷があったり、
謎の指紋があったりもしましたが、
まぁ、価格から考えると許容範囲かな、と。


パッケージも想像していたよりしっかりしていました。
ディスクの入り方が適当だったりしたので、
思わず同じのが入っていないか確認してしまいましたが、
さすがにそれはなく。


ということで、年末はアニメ『クロノクルセイド』を
目いっぱい楽しむこととなりそうです。
ということで、2話ずつ楽しんでまいります。

■第13話「姉」

弟、ヨシュアを探して西海岸へ向かうロゼット。
従うは、クロノにアズマリア。
当然のことながら、その旅路は一筋縄には行かず。


人を思うがまま、操り人形が如く使役する、
蜘蛛女、リゼールが立ちはだかり。
西海岸へ向かう汽車での激戦、ですね。


うまく人の感情を使いつつ、
有利に狡猾にコトを進めようとするリゼールではありますが。
クロノの機転もあり、
ロゼットの決断も冴え。
アズマリアの活躍もあり。


うまくハマるお話だったかと思います。

■第14話「祈り」

ロゼットとクロノの話、ですかねー。
西海岸、サンフランシスコにたどり着くべく、
意地で歩く一行の前にあらわれたのは……と。


サテラさんはなんだかんだ、良いポイントをおさえるなー。


絆、互いの関係を確かめる回、かなぁ。
執事さんの言葉からもそんなことを思ったり。


“まじない”の場面は、
でしょうなー、と感じつつも、ドキドキしながら(笑)。


楽しゅうございました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。