読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2016-12-31(Sat.)『RHAPSODY 2016→2017 COUNT DOWN LIVE & Happy Birthday with EG!!』acoustic live bar RHAPSODY shimokitazawa 感想。

live

Link:sugawararyuhei.net
Link:RHAPSODY | acoustic live bar RHAPSODY(ラプソディ)下北沢


前回のカウントダウンは下北沢はCCOで過ごしたのですが。
2016→2017は同じ下北沢RHAPSODYでの年越しとなりました。
出演者は、EGさん、菅原龍平さん、佐々木健太郎さん(アナログフィッシュ)、
金戸覚さん……と、前回と同じ、ですね。
このまま大晦日の定番になると嬉しいなー。


開場21:00、開演21:30でしたので、
ちょっと早めに……とウチを出たものの、
京急の電車遅延に当たってしまい……焦りました(^^;)。
ですが、この早く出たのが功を奏し、
きっちり下北沢には開場30分前くらいには到着。


ポケモンGOをプレイしたりしながら時間を潰し、
開場時間にあわせて入口付近へ移動。
近くの交差点付近にやたらポケモンが出ていたのですが、
あれって、ガーラさんの仕業だったりしたのかな……。


わりと整理番号は後の方だったこともあり、
いつも立ってみる方な事もあり。
カウンター空いてるなー、と思ってするりと座り、
カウントダウン限定? メニューなそばとたこ焼きを注文。
思いがけず、年越しそばを食べることができまして、
なんだか嬉しくなったりしつつ開演待ち……でしたが、
カウンターは演者さんの控え場所だったのでした(笑)。
開演ちょい前くらいにその話を聞き、場所移動。
も、座る場所もなかなか見当たらず。
程よいところ、といいますか、かなりイイ場所に席を用意していただき、
そちらで楽しむこととなりました。
スピーカーの配置を考えると、結構すてきなバランスの。


トップバッターはガーラさん。
会場をあたためる! とのことで、かなりグイグイと押す感じで。
俊足巧打な1番バッターな活躍ぶりでありました。
例の日本語歌詞をのせるシリーズの1曲はもう定番、ですね。
曲は文句なしで素晴らしい訳で。
のせた歌詞がさらに磨きをかけて……会場も盛り上がります。
明るい不倫ソングも〇、でした。
ガーラさんのEGさんのセッションもとても素敵で。
内から湧き上がる感動がありました。
来て良かったなー! と感じた瞬間。


佐々木健太郎さんは、ホントすごいパワーに圧倒で。
芯の強い声、とでも言うのかしら。

NEWCLEAR

NEWCLEAR

所属されているバンド、アナログフィッシュの曲は
Amazonのプライムミュージックでも聴けるみたいで。
今度はちゃんと予習? してライブに参加しよう! と
思ったのでありました。
いや、予習ナシでも存分に楽しめましたけどね!


そして、カウントダウンも近くなり、主役のEGさんの登場!
12/31が誕生日、なんですよね!
途中からツイキャスも交えつつの。

通る声、すーっと入ってくる歌詞。
たまりませんでした。
こちらが聴けたのも嬉しかったー!

カウントダウンがほんと近くなったあたりからは
出演者皆でのセッション♪
豪華な年越しとなりました。
時報117が混みあっている、というまさかのアクシデントもありつつ(笑)。


締めの方では秋山さんがステージに!
というレアな場面もあり。
出演者の方々はもちろんのこと、
会場のRHAPSODYもますます好きになる、応援したくなる、
そんなライブになったのでありました。


なんでしょうね。
こういう定番になりそうなイベントがありますと、
毎回、そこが節目になる、と言うか。
昨年の、いまの、これからの自分をイメージしながら、
またここで笑って、音楽を楽しめる、そんな1年にしたいな、と。
何か、スッキリと前を向きなおすことができて。


とても楽しく、充実したカウントダウンライブでございました。
また、こういう機会があれば参加したいと思います。
……ちょいとばかし、帰路、途中から電車がなくなってしまったのが
アレでしたが。
終日運転だと思っていたら、私の最寄り路線は終電が遅くなるだけ、
だったのでした(笑)。
ちゃんと確認しないとダメね(^^;)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。