読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

桜玉吉先生『日々我人間』文藝春秋 感想。

Link:『日々我人間』桜 玉吉 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS
※10回分立ち読みあり!

日々我人間

日々我人間

日々我人間 (文春e-book)

日々我人間 (文春e-book)

週刊文春連載の作品、3年分150回をまとめた1冊。
昨年リリースの桜玉吉先生の単行本です。


文藝春秋から発売、
というのを意外に感じならがページをめくりましたが、
読み始めてみれば慣れ親しんだ桜玉吉先生作品で安心。
いつもの……ではありながらも、
新鮮な視線で描かれる日常は、
同意したり、驚いたりしながらで飽きずに楽しめまして。


前半はマンガ喫茶暮らし、後半は伊豆、と、
都会と田舎? のギャップもまた、面白く。
伊豆といえば、かなり前の作品で別荘買った、的な話があったよなぁ、
と思い起こしたりしながら。


伊豆のお話は、結構、虫とのバトルエピソードも多めで、
苦手な方は割としんどいかも(^^;)。
私がその口なので、なかなか厳しかったです(笑)。
面白かったけれど。
実際多いんでしょうね……。


週刊誌連載かつ、基本は1話だけでも楽しめる作品なので、
好きなところまで読んで、
スパッと翌日持ち越しできるのも読みやすくて〇、ですね。


日々の中に転がっていそうなお話が多いのですけれど、
キッチリと作品にまとまっているのが凄いです。
こんなに面白いこと、興味深いことがそこらにあるんだよなぁ……
怒る話もあるんですけどね(;^_^A。
何にしても感情の動きがそこにあって、
こちらも何か感じるものがある、と。


次の単行本も楽しみになってくる、
そんな作品でございました。
紙だと箱に入ってくるのも嬉しいですね。
電子書籍だとお買い得ですけれども、
ちょいと変わったサイズなので、
Kindleで読もうとするとどんな塩梅になるのかな?
というのは気になるところでございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。