読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

鳴見なる先生『渡くんの××が崩壊寸前』3巻 講談社 感想。

comics

渡くんの××が崩壊寸前(3) (ヤンマガKCスペシャル)

渡くんの××が崩壊寸前(3) (ヤンマガKCスペシャル)

表紙は……中学生時分の石原さんかしら?
間違いなく可愛いのだけれど、
読後にみると、諦め、みたいな感情がありそな。
微妙な表情で。


ということで、石原さんの過去が圧し掛かる、
そんな『渡くんの××が崩壊寸前』は3巻でございます。
2巻の後半で決まった、皆で海へいく話……の色々。
石原さんの過去に迫りつつ、渡くんの気持ちを確認する。
そんな感じでしょうか?


にしても、変態(つええやつ)がでてきましたなー!!
渡くんも、紗月と石原さんの間に挟まれるだけではなく、
さらに心配しなければならないコトが!! と。
感情の揺さぶりがさらに大きくなってきて。
紗月の空白の時間だったり、
件のことの動機がはっきりしないのは変わらずで、
まだまだ悶々とする展開は続きそうなのに。


今回登場の渡くんのライバル? は、
なかなかにゾクリとくる方でして……
読んでいて気持ちが悪くなる思いがする一方、
程度の差こそあれ、
"こういう一面って私の中にもあるのかも……"
という思いもあり、さらに悶々、というか何というか。
なんとか渡くんのサポートもあり、
石原さんは危機を脱したように見えるのですが、
これでホントにおわるのかは不明でありまして。
どうなるのかしら。


上記のような精神削られるような展開もありつつも、
とりあえずは所謂水着回、でありまして。
そういうドキドキも満載。
肉感的な? 石原さんと、
それに対する引き締まった感のある紗月さん……。
好みを試されているような、ね。
私はなんとなく、紗月さんに惹かれておりますが、
お話はどう動くかしらん、というところで。


今後については、
つええやつがこのまま黙るのか? という心配と、
眼鏡男子な徳井くんが鍵になるの? とか。
徳井くんって、渡くんと程よい距離感を保ちつつ、
アドバイスもくれそうな雰囲気が心強いというか。
当然のこと、紗月さんがどう動くのかも見逃せなくて。
ますます面白くなってきた『渡くんの××が崩壊寸前』でございました。


続きが楽しみなり。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。