読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』4巻 KADOKAWA / 富士見書房 感想。

comics

本誌、ちょっと早めのリリースだったんですね。
それに合わせての単行本発売、と、不意を突かれました(^^;)。
ドラゴンエイジ 2017年2月号

ドラゴンエイジ 2017年2月号

電子版はちょいと遅れる模様で……コミックバーズ』と発売日が被ってしまう……むむぅ。


それはさておき、的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』4巻でございます。
表紙は今回登場の蠅の王ベールゼブブの枝・ヘレネッツァと我らがヂルチ。
ちょっと百合ん百合んな雰囲気なのがまた良いですねー。
そいえば本編でも女の子好きそうな感じでしたし、
ひょっとしたら今後もそういう場面、出てきたりするのかしらん?


内容でございますが、
春臣くんたちのゲーティア襲撃の終幕と、ヘレネッツァの登場、
そして室姫さんの過去……と、てんこ盛り!
単行本化で室姫さんのお姿も一層良い塩梅にもなっておりまして、
室姫さんファン的にはたまらない感じで。


色々とありましたけれども、
やっぱり一番大きいのは室姫さん絡みのお話で。
ここまでも一般人ぽくない力があったのは気になっていたのですが、
わりかし根深いコトになってきて……事件とも色々関連ありそですし、
ヘレネッツァの企みにも繋がってきそうで。
読んでる私も単に"室姫さんかわいい☆"では
済まない感じになってまいりました(^^;)。
春臣くんも室姫さんとの過去に気づいて……
んー、ここからどうするのかな? と。
またヂルチはそういう春臣くん、室姫さんと
どう接していくのかしら。
って、そのヂルチ自体、面倒なものを抱えているようで、
これまた春臣くんを悩ませる種になりそうで。


予告ではぼちぼちクライマックスも近いような文言もあり、
ここからの展開、さらに目が離せなくなりそうでございます。


とりあえずは掲載誌のKindle版発売、
楽しみに待ちますかね!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。