読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊コミックバーズ』2017年2月号 幻冬舎 感想。

comics

コミックバーズ 2017年 02 月号 [雑誌]

コミックバーズ 2017年 02 月号 [雑誌]

ざっと目を通して、アレ?
土山しげる先生『俺、南極で料理してます』はドコ?
と、しばし混乱。先月号を見直して納得。
次は4月号掲載なんですね(^^;)。
いやー、気に入っている作品なだけに焦りました(笑)。


2月号の表紙は先月号とは打って変わって可愛い女の子!
デンシバーズからの出張掲載な『ふたりべや』ですね。
仲睦まじい感じがたまりませんねー。


ということで、チェックした作品の感想をば。

■雪子先生『ふたりべや』

特別編「こんな寒い夜には」


出張掲載ということでしたので、
とりあえず読んでみました。
女の子出てきて、お風呂の話だったし……。


と、読み始めた動機は不純でございましたが、
登場人物たちの仲の良さだったり日常感が
読んでいて心地よく。
何より、可愛いですし……。


おかげさまで単行本が気になり始めました(^^;)。

おねだりしてみて (バーズコミックス)

おねだりしてみて (バーズコミックス)

■つばな先生『惑星クローゼット』第2話

「帰れない少女」


信じがたいことではありますが、
なんとか事態を把握しつつ行動する愛海。
夢? なのか何なのか、
迷い込んだ異界で出会った少女と苦境をまずは脱するも、
まったくもって謎だらけで。
出会った少女も、よくはわかっていないようで……
巻き込まれた少年もいる訳で、
ここからどう広がっていくのか、
気になるところでございます。

いけだたかし先生『時計じかけの姉』第3話

せんせいのお時間


ミナト君のもとになった水君のエピソードも絡めつつ。
ほのめかされる事件も気になりますが……
学校の先生まで虜にしていたんですね、水君……。


にしても、いきなり冒頭のシーンにドキッとさせられました。
覗きみてしまった先生の気持ちに近しい感じに
なれたような気はしますが(^^;)。


とりあえずは事件、ですかね……何があったのかしら。

■魚乃目三太先生『旅の肴~~十返舎一九 浮世道中 旅がらす』

第三話 江戸・日本橋


諸国を旅し、名所や美味いものを文章に書く……
旅費もなんとかなりそう、となった与七さん。
ただ、お目付け役みたいなカタチで
しっかり者なお坊さん・八舟さんが付くことになり。


その最初ですが……波乱の予感のする旅立ち、ですね(笑)。
ただ真面目では済まないような八舟さんと、
今後どう折り合いをつけていくのかが楽しみです。
美味い物もそうですけれど、
借金の取り立てもセットでしょうから、
そのあたのエピソードにも期待、ですね。

草野紅壱先生『純潔戦線』第4話



今回の感じからしますと、
結構、藤間くんはのり気なのかしら?
調査的なコトとはいえ、
公園での行為を探るのも前向きに見えましたし……
いや、年頃男子なら皆、そうなるか?


魔法少女的には失態もありつつ、
締めではビシッと決めた藤間くん。
次回は藤間くんの秘策と活躍があるのかな?


魔法少女ふたりに藤間くんが入ることで、
わりかしバランス取れるような気がしてきた、
そんな第4話ではあったのでした。

冬目景先生『空電ノイズの姫君』第7話

扉絵の磨音ちゃんの破壊力がすごい。


それはそれとして。
前回の衝撃の場面でありますが、
一応は夜祈子さんの話からすると大したことはない? のかな。
後々、面倒なコトになりそうな予感はしつつ。


磨音ちゃんと夜祈子さんの交流も深まり、
もう一息でバンドとも繋がるのかな? という風向き。


んでもって、またもや衝撃の締め。
って、これ、近しい実体験とかがあったんじゃ……
とか思ってしまう、妙な生々しさ(笑)。
夜祈子さんのバイトも気になるところですが、
まずは高瀬さん、ですね(;^_^A。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。