読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

影崎由那先生『かりん』5巻 KADOKAWA / 富士見書房 感想。

新刊のないときにチクチク読み進め中な『かりん』。
5巻でございます。


今回活躍するのは、表紙の左側を飾る、
果林そっくりな女の子……というか、
おばあちゃんなんですけどね、果林の(;^_^A。
このおばあちゃんが派手に暴れまわりまして……。


ただ、このおばあちゃん、フリーダムに動くように見えて、
しっかり果林の気持ちは感じ取っている模様で。
果林と雨水くんの関係?
少なくとも雨水くんへの果林の気持ちは尊重しているような。
そこは〇、でございました。
煉の天敵なのは意外でしたけれども(笑)。


果林の両親の出会いのエピソードもあり。
母親がやけに強いなぁ、という印象はあったのですが、
それは最初からだったんですね……また、
父親のやさしさ、というか、そういうのがあってこそ、な
良いバランスの夫婦なんだなぁ、などと。
この中だから、果林も違和感なく居られるのだろうなぁ。


と、割と果林の家族絡みのエピソード多めな5巻でありました。
ちょいとばかし、おじいちゃんは残念なことになっていましたが。
果林と雨水くんの間は、順調に進展?
現状維持? な塩梅で。
ゆっくり、温めていく感じかしら。
のんびりと気長に眺めていくことと致します。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。