読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大澄剛先生『あさは、おはよう -大澄剛短編集-』少年画報社 感想。

紙版から少し遅れてのKindle版登場となりました、
大澄剛先生『あさは、おはよう -大澄剛短編集-』でございます。
最初、Amazonに登場したときのタイトルは
『君の太もも』だったような……。


こちらの作品を気に入っており、
新刊が出ていないか、月イチペースでAmazonを検索して
発売に気が付いた、という。

タイトルの通り、短編集です。
収録作品は、
『君の太もも』『スーベニールの花束』『イコール』
『さよならわんぱく』『ららら』
の5作品。
短編として一つひとつ、個別で楽しめるつくりになっているものの、
通して読んだときの感動も格別で。


どこにでもありそうで、
それでいて大切なエピソードの数々。
通勤電車中で読んだのは失敗でした。
こらえていたら、鼻からさらさらのが出てきて(^^;)。


日常に、当たり前のように目の前にあり、
なかなか気が付かないモノ。
そんな感情が詰まっている作品たちで。


最近読んでいる作品の中ではトップクラスの良さ、でした。
ネタバレなしで読むのを強くオススメしたいところ。
そして、流れを知った上で改めて読み返すと
また、グッとくる……すんごい一冊……。


とあるバンドの歌詞の引用も見事で。
再読時にはその曲を聴きながら読んだのですが、
もう、涙が止まらず。


ちょっと対象年齢高めとは思いますが、
読んで間違いのない作品かと思います。
新年早々、素敵な出会いでした。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。