読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

影崎由那先生『かりん』6巻 KADOKAWA / 富士見書房 感想。

お話がぐいぐい動く『かりん』6巻。
表紙は果林と雨水くん母。
放っておけない感じがどことなく漂う、
さすがお母さま。


さて、お話ですけれども。
果林と雨水くんの距離も何だかんだ、
近づいてきたと思えたところ、雨水くんにそっくりな顔の男性が登場。
彼は雨水くんたちを探していたようで。
また、肝心の雨水くんにも覚えがある様子……
この突然の出会いをキッカケに果林の増血も活発になってしまい。
真紅一家、雨水一家もひと騒動に。


雨水くんと母・文緒さんの過去がちょいと描かれ。
出生に関わる色々、実家? を飛び出した理由など。
果林が増血するのもわからないでもなく……。


ただ、強引な登場ではあるものの、
雨水くんを追って登場した男性にも、
何か理由がありそうな気もしないではなく。
どうなんでしょうね? 単純に連れ戻しにきただけなのか、どうなのか。
とはいえ、雨水くんは徹底して嫌っているようなので、
そのままな感じであまりヨロシクない展開になるのかしら。
なかなかに面白い展開になって参りました。


何だかんだハッピーになりそうだった、
果林、雨水くんの二人にも大きな試練、ですね。
文緒さんは応援してくれている様子なのは心強いのでありますが。
さて、次巻はどうなりますか。
引き続き楽しんでまいります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。