読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

増田里穂先生『フミキリ、君の手、桜道。』集英社 感想。

comics

フミキリ、君の手、桜道。 (マーガレットコミックス)

フミキリ、君の手、桜道。 (マーガレットコミックス)

例によって、毎朝のKindle新刊チェックをしておりましたら、
目に入ってきたこちら。ほー、よくあるお試し系……しかし、
なかなか惹くところのある表紙だなぁ……増田里穂先生か……
検索してみるか、という流れで行き着いたのが、
『フミキリ、君の手、桜道。』なのでございました。
そのまま1-Click直行で、通勤電車内にて読みまして。


収録作品は、
表題作の『フミキリ、君の手、桜道。』をはじめ、
『サマーカプセル-キミのヒトミに映るもの-』
『たとえば、空にクジラが飛んで。』『ボーイフレンド』
の4作品。
それぞれに色があり、面白い短編集となっています。
表紙にピンときたらまず、読んで間違いないのでは、と。
とりあえず、上に挙げたお試しで雰囲気を掴めばなおヨシ、
という感じでしょうか。


近々、新作のKindle版も出るようなので、
そちらも要チェックでございますね。
紙ではリリース済みか……ギギギ。
スタンドバイミー・ラブレター (マーガレットコミックス)

スタンドバイミー・ラブレター (マーガレットコミックス)

では、各作品の感想を軽く。

『フミキリ、君の手、桜道。』

中学2年生、14歳、という多感な年ごろな渥見こはく。
身体と心の変化に戸惑いつつ、
ちょっとずつ、通学経路が一緒の戸谷くんが気になり始めて。
青春炸裂、な、たまらない作品ですね。
これに出会えただけでも、この本を買った価値があったかも。

『サマーカプセル-キミのヒトミに映るもの-』

タイトル的に、何かタイムカプセルみたいな塩梅かしら?
と思いきや、確かに過去に絡むモノではあったけれど、
かなり方向性が……でした。
ドキドキしながら読み進めつつ、締めはスッキリ、で。
読後の感じは悪くなかったです。

『たとえば、空にクジラが飛んで。』

日常の中にファンタジー色が少々紛れ込む感じが〇、でした。
互いの関係性にモヤモヤしながらも、
こういう作品がまた良いんですよねぇ(^^;)。

『ボーイフレンド』

ちょいと切ない感じで。
でもなぁ、こういうの気持ち、
近しいものが遠い昔、あった気がしないでもなく。
悶々、頭の中でぐるぐるしてしまうような。
結果はどうあれ、恋って良いですよねぇ、などと、
思ってしまうのでありました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。