読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2017年3月号 KADOKAWA/富士見書房 感想。

ドラゴンエイジ 2017年3月号

ドラゴンエイジ 2017年3月号

今回は紙版と同時発売でしたね、Kindle版!
表紙はお胸が素晴らしい『トリニティセブン』!
白い背景が爽やか、かつ、冬も感じさせて良い塩梅です。


誌面も充実、ですね。
おかげで読むのも、感想書きだすのにも時間が……
仕事帰りに書くつもりが翌朝、
2017/02/10 でございます(笑)。


ということで、読んだ作品の感想でございます。
今号もたのしゅうございました。

■原作:滝沢慧先生/作画:草壁レイ先生『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが』第8話

単行本も好評なようで。
お話も盛り上がりを見せています。


水崎さんの自宅に呼ばれ、
またまた悶々、な小田桐くんでございますが。
相変わらずの水崎さんの暴走、
おまけに閉じられた空間……と、
ドキドキもいつもに増して、な塩梅で。
家族不在、が救いなのか、何なのか(^^;)。


そして……シチュエーション的にもどうしていいのやら、
な状況で次回へ、と……惹きが強い!!

佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:7 Fatal Disease XVII 宵闇の墓標


Dと嵐の直接対決、本格開幕、な。
それなりには追い詰めたようには見えたのですが、
どことなく、誘い込まれているような感もあり。
嵐がひとりで決めるのか、
仲間の協力を得て、となるのかは不明ですけれども、
いずれにせよ厳しいですよね……うーん。


ここにきて飛城の動きも気になりますよね。
こちらは決まったのかな? と思いきや、ですし。


一層、面白くなって参りました。

武田弘光先生『マケン姫っ!-MAKEN-KI!-』玖拾肆話

「魔剣誕生」


鉄心の男気エピソード、ですかねー。
迫力満点の一撃!
ドキッとさせられました……衝撃、的な意味で(^^;)。
無論、一筋縄ではいかない展開なのではありますが。
ヤマトタケル戦はまだまだこれから……。
なお、またもや見開き推奨、でございます。


秋先生は前回にも増してアレな感じに……ギリギリですね(笑)。
絵的にたまりません。
個人的には太もものあたりが……ね!

里好先生『哲学さんと詭弁くん』問18

「ヤバいことしてましたか?」


タイトル通りにヤバい扉絵。
そして、この女の子誰? な。
読み始めてみるとなるほど、なのでございますが。


それにしても、詭弁くん、こんな才能があったとは……
かなり大変そうですよね。
安全、かつ美しく仕上げるのって(^^;)。


しかし、誤解を招く、というか
見たままなので、なんともかんとも(笑)。
目撃者の心の傷は深そうです(;^_^A。

■わだぺん。先生『孫子のアイドル兵法!』番外編

『哲学さんと詭弁くん』と並んで掲載だったのですが、
このリンクっぷりは一体……
何故に似たプレイ(?)が……狙ったのか、偶然なのか(笑)。


これまた、すずなさんの秘められた才能を観ることができまして、
とても〇なエピソード!
いや、直球でえちぃ、です、はい(笑)。
結構、Sっぽい? すずなさん。ますます素晴らしい!


……と、番外編もキャラクターが活きており、
よろしゅうございました。
単行本も来月リリース! 待ってました! ですね!
こちらも楽しみなり。

孫子のアイドル兵法! 1

孫子のアイドル兵法! 1

的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』第28柱

室姫さんの過去がさらに明らかとなり、
ヂルチとの因縁も……厳しい展開になってきました。
春臣くんがどう動くのかも興味深く。


過去と向き合い、彼女らと……うむむ。
力もアレなのですけれども、
何しろ負の感情が強い、というか何と言うか。
切り抜けたとしても室姫さん、
精神的なダメージ、引っ張りそうよね。


ともあれ、ヂルチさんの大暴れが見られそうではあるのですが、
色々抉る展開になりそです(>_<)。
目を離せない展開なのは間違いなし!

■渡辺つよし先生『俺たちのファンタジーはまだ始まらない!』

LV.4 芸術とは紙一重の書
LV.5 ?


最初のお話はRPG中の日常っぷりが良かったですね。
こういうエピソードがこの作品の魅力で。
まぁ、後半戦からは賑やかになるのですけれど(笑)。


二本目はかなりぶっ飛んだ感じで。
ほとばしる何かを感じずにはいられない!
気持ちはわかる!
何とも熱いお話でしたが、
ほんとに熱いことになってしまいましたね(;^_^A。

西条真二先生『鉄鍋のジャン!! 2nd』第2話

「酢豚対決!!」


対決に勝利したジャンではあったものの、
お店に戻るとなんともな……
って、店の名前を出して戦ったのですから、
そりゃ、まぁ、という感じではあるのですけれども。


罰として酢豚づくりを要求されるジャンでありましたが、
さて、どのようなものが仕上がるか……。
前回登場のモジャモジャな方も再登場し、
再戦の流れになりましたが、果たして?


中華、とはいっても比較的身近なメニューですので、
どのようなネタが仕込まれるのか、
楽しみな展開でございます。

■つくすん先生『疾刻少女』第5話

「決心」


ここまでの展開からすると、
比較的落ち着いたお話でございました。
基本ルールと状況を整理して、次へ進む、
そんなパートでしょうか。


……って、どうすればいいのよ……
となるのはあまり変わらないのですけれども。
協力者にみえる新キャラクターの力を借りつつ、
難局を切り抜けることができるのかどうか。
落ち着いた日常を取り戻せるのか。


晴彦くんの選択はどう影響するのでしょうねー。
ここが鍵になるのは間違いなく。
んでもって、最後に出てきた人物は?
また、大変な展開の予感でございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。