読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

影崎由那先生『かりん』7巻 KADOKAWA / 富士見書房 感想。

表紙は果林と雨水くん!
お話の流れを暗示する、良い絵柄で。


武闘派っぽく見えた雨水くん父、ですけれども。
色々とあった模様で……
そのあたりを理解した上だと雨水くん、どうするのかしら、
と興味深く読み進めましたけれど……うん。
すとん、と心地よく収まるカタチにまとまっておりまして。
さすがに納得は難しいにせよ、
ちょっとは許せる部分も出てきたのでは、などと。


雨水くんの母君、文緒さんって、めっちゃ苦労してるのね……。
それでいて、妙に男の人を惹きつけてしまう、
という難儀な……諸々の背景が、
どことなく、そういう雰囲気を作っているのかなぁ。
若くて、それなのに色々背負っていて、というあたり?
何か気が惹かれて、と。


果林ちゃん的には、雨水くんのベース部分に触れ、
一歩前へ進むキッカケ、な。そんな巻で。
色々とあったものの、ふたりの気持ちは一応、伝わって。
問題はここからで。
文緒さんの応援は得られそうですし、
杏樹もなんだかんだでバックアップしてくれそうな?
あとは、果林の両親とか、
そのあたりをなんとかせねば、というトコロかしらん。


巻数的にもちょうど真ん中あたり?
で、良い転機。
ここからどう動くのか、楽しみでございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。