読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊コミックバーズ』2017年3月号 幻冬舎 感想。

comics

コミックバーズ 2017年 03 月号 [雑誌]

コミックバーズ 2017年 03 月号 [雑誌]

ざっと目を通して、アレ?
……先月号も似た展開でありましたが、
今回は冬目景先生『空電ノイズの姫君』が見当たらないっ!!
『空電ノイズの姫君』読みたさに
『月刊コミックバーズ』チェックしはじめたようなモノですから、
そりゃ、物足りなさのようなものを感じる訳です(笑)。
うーん、改めて2月号を見直してみても、
お話の終わりには"3月号へつづく"とありますし、
巻末の次号予告にもタイトル掲載されていますし、
作者急病系だったのかしら……
載らないならのらないで、何かしら告知というか、
おしらせちっくなのは掲載して欲しいところで。
やっぱり、心配になるじゃないですか……。


ということで、チェックした作品の感想をば。
何だかんだ、楽しんでおります。

草野紅壱先生『純潔戦線』第5話

ケンタウロスだかスレイプニールだかの正体を暴け!」


夜の公園に現れたらしい馬人間を退治? するべく、
改めて現場へ向かった紅羽たちでしたが、
そこは、噂の広がりもあってか人はおらず。
仕方なくとった彼女らの作戦は……
一応、藤間くん的には役得なのかしら?
この先の展開を想像すると、
単純に得とは言い難いですけれども(笑)。
今回のお話を見る限りにおいては、
良い思いできてるのかな? なんて。


しかし、どう考えましても次回はえらいことになるのは
間違いなさそうでありまして(^^;)。
さて、どうなることやら。

■つばな先生『惑星クローゼット』第3話

「つながり」


愛海については、かなり異界に馴染んだようで。
ルールも少しずつ飲み込めてきた感じ。
そちらにいる少女との関係も良好そう。


ただ……皆の前から忽然と消え、
異界にあらわれた田村くんが……うーん。
大騒動に繋がりそうな予感しかしない(>_<)。
耳から出ているものが怪しすぎますもんね。
なんとも、不安になる展開。


そして、終盤、異界にて近づいてきたあやしげな影は?
カタチだけだと、何か可愛いのかしら?
と期待したくなるのですが、
……たぶんこの作品、そんなに甘くないですよね……
正体明らかになるであろう次回が楽しみであります。

■雪子先生『ふたりべや』

特別編「紫物語」


今回は空想・創作めがねっ娘のお話。
彼女は友人をモデルに物語を紡ぐのですけれど、
そういうところを通じて色々感じ、考える感じが好感触で。
また、友達を尊敬、憧れる様が素敵だなぁ、なんて。
それだけに、自分だけが
置いておかれてしまっているように感じる……
そんな気持ちには、どこかしら共感してしまって。


なかなかに面白い特別編でございました。

おねだりしてみて (バーズコミックス)

おねだりしてみて (バーズコミックス)

■魚乃目三太先生『旅の肴~~十返舎一九 浮世道中 旅がらす』

第四話 品川


前回は八舟さんの意外な一面を見ることが出来。
なんだかんだ、こういうコトがあった方が、
一緒に旅をする上ではよかったりするのかしら、などと。


今回は与七さんの不思議な魅力がポイント?
初対面の人たちを一気に巻き込むような。
そんな人柄がよろしゅうございました。


今回登場のお食事も、
結構簡単に試せそうなもので、しかも美味しそう!
さすがに炭火を使って、は難しくても、
近しいものは出来そうですよね。


お話楽しく、ご飯もよさそう。
今後の旅路にも期待です。

いけだたかし先生『時計じかけの姉』第4話

「Business at Usual」


どう考えてもツグジくんが救われる、報われる気がしない(笑)。
なんとか踏みとどまった? ツグジくんは大したもの、
と思うものの……
肝心のミナトくんと晶の関係が思いの外、深かった模様で(>_<)。
あやしいとは少し、思っていたものの、
ここまでとはー! と驚いた今回でありまして。


ツグジくんは気づかない方が幸せなのかなぁ。
どうなんだろう?


先々、どうなるのか楽しみではあります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。