読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大月悠祐子先生『ど根性ガエルの娘』1巻 白泉社 感想。

comics

Link:ヤングアニマルDensiど根性ガエルの娘)

誰もが見たことがあるのでは? というほどの有名漫画『ど根性ガエル』。
私も再放送で、ではありますがアニメをよく観ていました。
その作者さんの娘さんのお話、ということで……
先日、Webでも話題になっていたこともありまして、
こちら『ど根性ガエルの娘』の購入機会をうかがっていました。
そこにKindle版のポイント還元が!
早速、1~2巻を購入いたしまして。


まずは優しい雰囲気を感じる表紙にホッと……
ですけれど、内容紹介などを見ますとハードな中身っぽくて……。
実際、重いんですよね。
マンガを描けなくなり失踪してみたり、ギャンブルに明け暮れ、
帰ってきては暴れる父。それを受け入れる母。
ただ、適切な言い方かどうかは微妙な気もしますが、
作品として面白いです。


ヒットを飛ばした漫画家さんのプレッシャー、
生活のあれこれ、
父が漫画家を目指すときのエピソードに、
荒れていた父が清掃員を始めて色々と感じるところ……。
また、娘からみた家族、とか。
どのお話も興味深く、また、自分の家族を顧みたりもして。
厳しい中にハッピーもあったりしつつ。
読んでいて辛い部分もありましたが、
それを補って余りある発見だったり、
感情を揺さぶる何かがある作品だなぁ、と。


実は、Amazon掲載の内容紹介を読みつつ、
ちょいとばかし、購入を躊躇する気持ちもあった、
というのが本音です。
どう考えても暗い展開を想像してしまいますし。
それでも、Webでの評判などが後押しとなってポチッた訳ですが、
結果、正解でした。
何なのかしら、この魅力は。
読み始めたら止まらず、一気に読み終え。
巻末の大月悠祐子先生と大島永遠先生の対談記事も面白く。
まとめ買いのおかげで2巻をすぐ読めるのがありがたいところ。


ということで、引き続き読み進めてまいります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。