読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

上田信舟先生『えびがわ町の妖怪カフェ』1巻 白泉社 感想。

comics

TwitterのRTでまわってきた、
Kindle版のポイント還元セールもあった、
ということでポチってみました、
上田信舟先生『えびがわ町の妖怪カフェ』1巻!
もちろん、表紙の破壊力抜群の女の子にも惹かれて!


タイトルからもわかる通り、
えびがわ町で色々と"みえる"子と妖怪さん、
カフェのご主人さんが織り成すおはなし。


風情のある風景だったり、
なんだかんだで親しみやすい、
日常に密着した感のある妖怪さん。
どことなく理解のあるカフェの主人に
可愛い女の子……と、まったり楽しめる作品。


ただ、ちょいとばかし、女の子にも、
カフェの主人にも"かげ"があり。
このあたりが今後、どう絡んでくるかが見どころだったりします。


6-7頁が、なんとも東京から完全別フィールドに入った感触があり、
とてもイイ塩梅、と申しますか。
おそらくは山の影と思しきモノが、これまでの世界と隔つ感じがあって。
駅な段階で異界っちゃあ、そうなのですが。
さらに、別世界に引っ張り込まれた感が、ね。
んでもって、妖怪さんですからたまらんのです。


さて、高梨まなちゃんとカフェの主人、佐吉さんのこの先、
どうなるのでしょうね。
まなちゃんは"みえる"女の子、ですけれども、
佐吉さんがそちらに惹かれる? 理由が気になるところで。


勢いで買ってしまった作品ではございますが、
まったり続きを待ちたいところです。


ご飯要素は、軽いレシピ解説もあり。
油揚げにネギを詰めるヤツは
ちょっと試してみたいかな、と思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。