読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

信濃川日出雄先生『山と食欲と私』4巻 新潮社 感想。

comics

Link:くらげバンチ
Link:山と食欲と私 | くらげバンチ

山と食欲と私 4 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 4 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 4巻 (バンチコミックス)

山と食欲と私 4巻 (バンチコミックス)

妙齢の"単独登山女子"日々野鮎美さんの山&食のお話、第4集。
3巻後半の負傷から続く"涸沢カール逗留編"に始まり、
後半は山コン? と、バラエティーに富んでおります。
単独での出会いも味わい深いですが、
たまにはワイワイとしたお話も、ね!


以下、ちらちらと収録話の感想を。


"涸沢カール逗留編"は、
鮎美さんの落ち込みは当然あるものの
人との出会いにも助けられ……
こういう声かけ? って憧れるなぁ、と思いつつ。
無理せずに休む、という姿勢は勉強になりました。
山に限らないのだろうなぁ、こういうの。


"文学と桃"は……
誰しも、見られたくないノート、メモ帳はあるもので、
ソレ絡みの鮎美の顛末。
妄想炸裂な内容、オチがなんとも微笑ましい、というか何と言うか。
楽しい作品でした。


"羨望のチーズフォンデュ"……
ちらちらとカッコいい? 男性に視線を向ける鮎美さん。
やっぱりお年頃ですし気になるのかしら? と思ったのですが……
いやいや、オチもこれまた見事で面白いお話(笑)。
ご飯は珍しく……な展開ですけれど、
こういう失敗はありそですよね(^^;)。


んでもって、今回の山場は"筑波山 山コン編"!!
職場の後輩、サヨリさんの衝撃の告白に端を発し、
アグレッシブな小松原さんに巻き込まれるカタチで
鮎美さんも山コンへ……という(;^_^A。
単独登山女子とはいえ、やっぱり色々と気になる訳で。
何だかんだで鮎美さんも楽しめているようで何より、な。
意外な出会い? もあり、お話もたのしゅうございました。
にしても、小松原さんの頑張りがなんとも(笑)。
でも、これくらいしないと、
参加者の方を把握するのも大変よねぇ、と思うのも事実で。
私は婚活経験はないですけれども、
興味深く読めたエピソードでありました。


巻末の予告によりますと、
次巻は7月8日発売予定、とのことで、思ったよりもわりと早めな印象?
今回も素敵な景色、山の空気、美味しいご飯満載でございました。
続きにも期待をしつつ!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。