読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:高山理図先生/作画:高野聖先生『異世界薬局』1巻 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 感想。

異世界薬局 (1) (MFC)

異世界薬局 (1) (MFC)

高野聖先生作品、『ごはん しよ!』をジャケ買いし、
ちょいとひっかりを持っていたので
Amazonでたまに検索しておりましたら新刊のこちらが引っかかり。
今回は原作つき、ですね。


タイトルから伝わりますが、お薬に絡むお話なのですけれど、
原作のおかげか、結構、コミックスにしては良い切り込み具合で。
思った以上に深い描写に驚きつつ。
病気だったり、お薬絡みのところは
普通に興味深く読めるので、今後もきっちり続くと
お話本編とはまた一味違ったところの魅力も出てくるかな、などと。


また、キャラクターも可愛くて。
『ごはん しよ!』から期待したのはこのあたりだったのですが。
主人公のファルマくんが可愛いのはもちろんのこと、
家庭教師のエレンさんが最強レベルの年上眼鏡っ娘、という。
身体つきが素晴らしいのはもちろんのこと、
立ち居振る舞いも可愛く。
個人的には最強ヒロイン! な印象で……
こうなってくると、今となってはファルマくんな彼の、
元? 妹への気持ちだったり、色々も絡んできたりするのかな?
とか、そういう期待もあったりで。


原作の方はまったく知らず、で購入したのですけれど、
高野聖先生の素敵なキャラクターに加え、
とても面白くなりそうな世界感が垣間見え。
わくわくする1巻であり、
また、え? これで1巻終わりなの? という、
贅沢な食い足りなさ感を味わった……
そんな塩梅なのでございました。


えー。
表紙の少年、もしくは眼鏡っ娘に惹かれちゃったなら、
買っちゃって損はない、と思います。
内容はそれ以上についてくるかと思います。
買うことは決めていたものの、
内容が伏兵もいいところで面白かったです。
原作読んでしまうかどうか迷いますが、
あと数巻はコミックスでいこうかしら。
もとに手を出すかどうか、は、そこで決めよう。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。