読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊コミックバーズ』2017年5月号 幻冬舎 感想。

今月号の表紙は『空電ノイズの姫君』から磨音ちゃん!
髪をおろした感じがまた良いですね♪


単行本発売を受けてなのか、
チェックしている作品では番外編や
ショートバージョン的掲載もありつつ、
でございましたが、今月もしっかり楽しめました。
読み切り掲載作品もこれからに期待できそうな?


ということで、チェックした作品の感想です。

■つばな先生『惑星クローゼット』第5話

こちらとあちらの世界の関係が一応、示され。
果たして本当なのかはともかく……
あちらにまだ、他の人がいそう、ということもわかりましたし、
さて、ここからどのように愛海が動いていくか、と。


みた感じ、少女の言うところの"先輩"はアウトっぽいですし……
脱出するというよりは、まずは状況把握が続くのかなー。


ちょっと気味が悪い感じでございますが、
先が楽しみでつい、読んでしまいます。

売野機子先生『ルポルタージュ』第2話

「ずるい夢」


事件をキッカケに、ですが、
恋愛、愛、家族などと向かい合う。
それぞれの立場だったり、背景があって……それで、と。
描かれているひとたちも生々しい印象で。


ちょっとこれは、単行本まとめ読みの方が
すっきり楽しめるような気もしつつ。

冬目景先生『空電ノイズの姫君』第8話

高瀬さんがいい人で助かったよ……と思った第8話(笑)。
さすがに女子高生が男子大学生一人暮らしの部屋に入ったら、
ちょっと危なそうじゃないですかー。
流れ上、仕方ないようにも見えますが。
ドキッとしちゃう場面もあったりして、
読んでるこちらもドキドキしまして……
いやいや、こういう感じ、たまらんですね。
また、磨音ちゃん可愛いですし。


しかしまぁ、こう、ツッコミたい!
と思ったところで気持ちよく割り込みも入り(笑)。
テンポの良いお話でございました。


磨音ちゃんも心動いたようで、
先々がますます楽しみとなったのでありました。


夜祈子さんの出番が少なめだったのは寂しかったですケド、
今回は仕方ない感じですね!

草野紅壱先生『純潔戦線』第6.5話

単行本発売もあって、今回は短いお話……ですね。
本編からちょっと離れて、という訳ではなく、
紅羽ちゃんが藤間くんの股間の魔法陣へ手を伸ばす葛藤(笑)。
絵面がなんとも、で(^^;)。


肝心の戦いは苦戦中のようですから、
ここは紅羽ちゃん頼み、ですね!
次回の活躍に期待です。

中山昌亮先生『ポケットを叩けば』

読み切り作品。
酪農の家に生まれた女子高生ひなた。
兄弟の関係もあり、家業を継ぐことを期待されるのですが……
自分のぼんやりしたやりたいことがあり、
また、まわりからの期待もあり。
難しいところで選ぶ進路は。


お料理系、のようですけれども、
進路の悩みも入りつつ、なので面白いです。
読み切りでの掲載ですが、近日中に再登場とのこと。
好評なら連載になったり、
時折掲載されて単行本にまとまったりするのかしら。
楽しみな作品が始まりました。

いけだたかし先生『時計じかけの姉』番外編

「番外編だよミナトくん」


『純潔戦線』に続き、
こちらもショートバージョン、番外編です。
タイトルの通り、ミナトくん満載で色々満足な(笑)。
妖しい魅力に溢れてますよね、ミナトくん……。


なかなかによろしゅうございました。
個人的にはメイドコスですねー。

■魚乃目三太先生『旅の肴~~十返舎一九 浮世道中 旅がらす』

第六話 神奈川宿


旅には色々とアクシデントはつきもので。
また、幸運もあったり……。


とは言っても、先々大変になりそな展開になりました。
なんだかんだ、
これがあるから安心……というものを失い。
おまけに与七さんの性格からか、さらに余計な損失を(^^;)。
らしいっちゃ、らしいんですが。


さて、ここからどうやってリカバリーするのか。
持ち前の明るさでなんとかするのかしら。
これからの対応に注目、でございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。