読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

つくすん先生『疾刻少女』1巻 KADOKAWA/富士見書房 感想。

疾刻少女 1 (ドラゴンコミックスエイジ つ 5-1-1)

疾刻少女 1 (ドラゴンコミックスエイジ つ 5-1-1)

『月刊ドラゴンエイジ』で連載中、
つくすん先生『疾刻少女』が単行本に!
ということで、購入しました。
連載は追っているのですけれども、
まとめてお話を振り返るのも大事ですから!


緊迫の展開のおかげで冒頭の方を見事に忘れていました(笑)。
そうそう、晴彦くんの縦笛舐めからでしたね……。
幼馴染の琴美を何かと気にかけて、
最初は嫌がらせのつもりだったのに、
だんだんと昔からの琴美への気持ちに気づいていく様は、
微笑ましくもあり。
それ以外は本当、大変というか何というか……。


病気のために超能力を身に着けた少年少女が
他人の身体を奪わなければ余命1年、という中で戦う……
まだまだ序盤ですのでハッキリとは見えませんが、
背後に何かしら動いていそうですし。
感染してしまった琴美たちの今後はもちろんのこと、
この謎の病気の後ろにある思惑、というか、
そのあたりがどうなっているのか、が、
気になるところです。


派手に人が死ぬので、
そういうのが苦手な方にはオススメしかねますが、
耐性のある方には結構、これから楽しみになりそうな作品かな、
と思うところであります。


ヒロイン琴美が可愛いだけに、
晴彦くんとなんとかイイ関係になって欲しいですが、
どうなりますか……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。