読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

わだぺん。先生『ミミヨリハルモニア』1巻 ワニブックス 感想。

Link:コミックガム は水曜日更新 | ミミヨリハルモニア

ミミヨリハルモニア 1巻 (ガムコミックスプラス)

ミミヨリハルモニア 1巻 (ガムコミックスプラス)

怪しい手紙で旧校舎の音楽準備室へ呼び出された木乃下音々。
そこにあったのはヘッドホン。
思わず試聴してみると、そこに広がる世界に呑まれて……。


女子高生・音々ちゃんが
校内の憧れの的、北条響さんに導かれ、
ヘッドホン沼へと沈んでいく作品……ですね(笑)。


音をマンガで表現する、ってどうなんだろう?
と思いつつ読み始めたのですが、
そのヘッドホンの響かせる音の世界観? を描くような感じになっておりまして。
キャラクターを中心にその周辺の風景……とでも言いますか。
音々ちゃんがヘッドホンをつけて曲を再生すると、
ぶわっと、その世界に没入! という。
束の間、異世界に誘われる、と。
音の世界で描かれるのは基本、女性で、思いの外えちぃです(^^;。
こういう趣味の世界って好みも出ますし、それぞれの独特の良さもあって。
マンガでそれらを描くにために女性に例えるのは
とても良い塩梅なのではないかしら、と思いつつページを進めて。
何ですかねー……異世界に入り込むみたいなのは
プラモ狂四郎』ちっくとでも言うか……いや、違いますか(笑)。


お話の間に収録されているテキスト、
わだぺん。先生による"わだぺん。インプレッション♪"も
なかなかに読み応えがあり。
紹介されたヘッドホンのスペックも確認できますし!


1台に対してしっかりとその背景なども描き込まれていて。
読んでいると妙に思い入れも出てきてしまって(笑)。
音質の他にも興味がそそられてしまいます。
正直なところかなり高額なものなので、
手に取るなら、こういう、そのものが出来上がるまで……
というのも知っておくと、より満足度も高まりそうな。
また、愛着も持てそうな。
そんな気がした次第です。


1巻で紹介されているヘッドホンは3台。
どれも結構、良いお値段ですが……いつか試してみたいですね!


Link:T50RP mk3n | FOSTEX(フォステクス)
FOSTEX ヘッドホン T50RPmk3n

FOSTEX ヘッドホン T50RPmk3n



Link:T 1 2nd Generation | 製品トップ | TASCAM


Link:AH-D7200 | オーバーイヤーヘッドホン | Denon


これから音々ちゃんはどんなヘッドホンに出会うことになるのか、
そこにある世界はどのようなものなのか、
産まれるまでの経緯は……などなど、色々と楽しみになってしまう
『ミミヨリハルモニア』1巻でございました。


次にも期待! です。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。